WP_PLUGIN_URL

WP_PLUGIN_URL - プラグインディレクトリのURL

説明

WP_PLUGIN_URL
WordPressのプラグインディレクトリのURL。ドメインがlocalhost、WordPressがwpディレクトリにインストールされている場合は次のような値になる。
http://localhost/wp/wp-content/plugins

注意

末尾に'/'は付与されない。

使用例

  • mypluginプラグインのicon.pngのURLを表示する。
    <?php echo WP_PLUGIN_URL.'/myplugin/icon.png'; ?>

関連

  • WP_PLUGIN_DIR - プラグインが格納されているディレクトリのパス名

お勧めコンテンツ

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2012-09-30 21:45