はじめに

WordPressのテーマやプラグイン作成において、よく利用する関数やグローバル変数などを個人的に整理したコンテンツです。 各関数やグローバル変数は、情報別(データの種類)と目的別(機能の種類)に分類しています。 なお、ほとんどの情報はソースコードを見ながら書き留めた内容であり、確認不足による誤りや更新の遅れによる不正確な内容を含んでいる可能性があります。あらかじめご了承ください。

最近投稿した記事
AUTOSAVE_INTERVAL(2019年3月25日 公開)
AUTOSAVE_INTERVAL

投稿などの編集中の内容をオートセーブする秒数を定義する。標準ではwp_functionality_constants関数(/wp-includes/default-constants.php)にて 60 が定義される。サイトにおいて任意の秒数を定めたい場合は、wp-config.php内に本定数を定義できる。

validate_file(2019年3月22日 公開)
int validate_file( string $file [ , array $allowed_files = array() ] )
ファイルのパス名を検証する。
wp_schedule_event(2019年3月20日 公開)
bool wp_schedule_event( int $timestamp, string $recurrence, string $hook [ , array $args = array() ] )
繰り返し実行するアクションをスケジュールに登録する。
wp_get_schedules(2019年3月20日 公開)
array wp_get_schedules()
サポートする繰り返しスケジュール情報を取得する。
meta_compare_key使ってみた(2019年3月19日 公開)

ブロックエディターの登場により、標準のカスタムフィールドを使う機会はかなり減った気がする。そんな中、5.1.0で追加されたのが、カスタムフィールド名(メタキー)に含まれる文字列を指定する'meta_compare_key'キーだ。

term_is_ancestor_of(2019年3月15日 公開)
bool term_is_ancestor_of( int | object $term1, int | object $term2, string $taxonomy )
タームが子孫関係か調べる。
wp_get_direct_php_update_url(2019年3月13日 公開)
string wp_get_direct_php_update_url()
PHPアップグレード用のURLを取得する。