はじめに

WordPressのテーマやプラグイン作成において、よく利用する関数やグローバル変数などを個人的に整理したコンテンツです。 各関数やグローバル変数は、情報別(データの種類)と目的別(機能の種類)に分類しています。 なお、ほとんどの情報はソースコードを見ながら書き留めた内容であり、確認不足による誤りや更新の遅れによる不正確な内容を含んでいる可能性があります。あらかじめご了承ください。

最近投稿した記事
get_dynamic_block_names(2019年12月2日 公開)
array get_dynamic_block_names()
ダイナミックブロックの名前を取得する。
wp_common_block_scripts_and_styles(2019年11月25日 公開)
void wp_common_block_scripts_and_styles()
標準ブロック向けのスクリプトとスタイルを出力用のキューに入れる。
get_self_link(2019年11月22日 公開)
string get_self_link()
現在のページのURLを取得する。
excerpt_remove_blocks(2019年11月21日 公開)
string excerpt_remove_blocks( string $content )
コンテンツ内の抜粋に適したブロックをレンダリングする。
unregister_block_style(2019年11月20日 公開)
bool unregister_block_style( string $block_name, string $block_style_name )
ブロックのスタイルを削除する。
register_block_style(2019年11月20日 公開)
bool register_block_style( string $block_name, array $style_properties )
ブロックにスタイルを追加する。
wp_get_original_image_url(2019年11月19日 公開)
string | false wp_get_original_image_url( int $attachment_id )
オリジナルの画像ファイルのURLを取得する。
wp_get_original_image_path(2019年11月19日 公開)
string | false wp_get_original_image_path( int $attachment_id )
オリジナルの画像ファイルのパス名を取得する。
wp_slash_strings_only(2019年11月18日 公開)
mixed wp_slash_strings_only( $value )
配列またはオブジェクト内の文字列をバックスラッシュでエスケープする。
addslashes_strings_only(2019年11月18日 公開)
mixed addslashes_strings_only( mixed $value )
変数が文字列の場合にバックスラッシュでエスケープする。