WP_Error

(2.1.0以降)
WP_Error - WordPress関数のエラー内容

説明

WP_Error
一部のWordPress関数において、処理中のエラー内容を示す。

メンバー変数

公開されているメンバー変数はありません。

メソッド

  • WP_Error( [ mixed $code = '' [ , string $message = '' [ , mixed $data = '' ] ] ] )
    コンストラクタ。パラメータが指定されている($codeがemptyでない)場合はエラー情報として追加する。
    • $code
      エラーコードを文字列または数字で指定(省略時は'')。
    • $message
      エラーメッセージを文字列で指定(省略時は'')。
    • $data
      エラーデータ(省略時は'')。
  • array get_error_codes()
    エラーコード一覧を取得する。
  • mixed get_error_code()
    (最初の)エラーコードを取得する。
  • array get_error_messages( [ mixed $code = '' ] )
    エラーメッセージ一覧を取得する。
  • array get_error_message( [ mixed $code = '' ] )
    エラーメッセージを取得する。
  • mixed get_error_data( [ mixed $code = '' ] )
    エラーデータを取得する。
  • void add( mixed $code, string $message [ , mixed $data = '' ] )
    エラー情報を追加する。
  • void add_data( mixed $data [ , mixed $code = '' ] )
    エラーデータを追加する。
  • [4.1.0] void remove( mixed $code )
    エラー情報を削除する。

注意

このWP_Errorは、投稿情報やタクソノミー情報などの参照・追加・更新を行う関数の一部において、その返り値として使用されている。 保持されているエラー情報はエラーコード、エラーメッセージ、エラーデータが1セットになって管理されている。

ソースファイル

/wp-includes/class-wp-error.php

関連

お勧めコンテンツ

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

最終更新日時 : 2014-12-19 12:57