WP_Error

(2.1.0以降)
WP_Error - WordPress関数のエラー内容

説明

WP_Error
一部のWordPress関数において、処理中のエラー内容を示す。

メンバー変数

公開されているメンバー変数はありません。

メソッド

  • WP_Error( [ mixed $code = '' [ , string $message = '' [ , mixed $data = '' ] ] ] )
    コンストラクタ。パラメータが指定されている($codeがemptyでない)場合はエラー情報として追加する。
    • $code
      エラーコードを文字列または数字で指定(省略時は'')。
    • $message
      エラーメッセージを文字列で指定(省略時は'')。
    • $data
      エラーデータ(省略時は'')。
  • array get_error_codes()
    エラーコード一覧を取得する。
  • mixed get_error_code()
    (最初の)エラーコードを取得する。
  • array get_error_messages( [ mixed $code = '' ] )
    エラーメッセージ一覧を取得する。
  • array get_error_message( [ mixed $code = '' ] )
    エラーメッセージを取得する。
  • mixed get_error_data( [ mixed $code = '' ] )
    エラーデータを取得する。
  • void add( mixed $code, string $message [ , mixed $data = '' ] )
    エラー情報を追加する。
  • void add_data( mixed $data [ , mixed $code = '' ] )
    エラーデータを追加する。
  • [4.1.0] void remove( mixed $code )
    エラー情報を削除する。

注意

このWP_Errorは、投稿情報やタクソノミー情報などの参照・追加・更新を行う関数の一部において、その返り値として使用されている。 保持されているエラー情報はエラーコード、エラーメッセージ、エラーデータが1セットになって管理されている。

ソースファイル

/wp-includes/class-wp-error.php

関連

お勧めコンテンツ

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

最終更新日時 : 2014-12-19 12:57