WP_Error

(2.1.0以降)
WP_Error - WordPress関数のエラー内容

説明

WP_Error
一部のWordPress関数において、処理中のエラー内容を示す。

メンバー変数

公開されているメンバー変数はありません。

メソッド

  • WP_Error( [ mixed $code = '' [ , string $message = '' [ , mixed $data = '' ] ] ] )
    コンストラクタ。パラメータが指定されている($codeがemptyでない)場合はエラー情報として追加する。
    • $code
      エラーコードを文字列または数字で指定(省略時は'')。
    • $message
      エラーメッセージを文字列で指定(省略時は'')。
    • $data
      エラーデータ(省略時は'')。
  • array get_error_codes()
    エラーコード一覧を取得する。
  • mixed get_error_code()
    (最初の)エラーコードを取得する。
  • array get_error_messages( [ mixed $code = '' ] )
    エラーメッセージ一覧を取得する。
  • array get_error_message( [ mixed $code = '' ] )
    エラーメッセージを取得する。
  • mixed get_error_data( [ mixed $code = '' ] )
    エラーデータを取得する。
  • void add( mixed $code, string $message [ , mixed $data = '' ] )
    エラー情報を追加する。
  • void add_data( mixed $data [ , mixed $code = '' ] )
    エラーデータを追加する。
  • [4.1.0] void remove( mixed $code )
    エラー情報を削除する。

注意

このWP_Errorは、投稿情報やタクソノミー情報などの参照・追加・更新を行う関数の一部において、その返り値として使用されている。 保持されているエラー情報はエラーコード、エラーメッセージ、エラーデータが1セットになって管理されている。

ソースファイル

/wp-includes/class-wp-error.php

関連

お勧めコンテンツ

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加しました。

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

最終更新日時 : 2014-12-19 12:57