WP_Error

(2.1.0以降)
WP_Error - WordPress関数のエラー内容

説明

WP_Error
一部のWordPress関数において、処理中のエラー内容を示す。

メンバー変数

公開されているメンバー変数はありません。

メソッド

  • WP_Error( [ mixed $code = '' [ , string $message = '' [ , mixed $data = '' ] ] ] )
    コンストラクタ。パラメータが指定されている($codeがemptyでない)場合はエラー情報として追加する。
    • $code
      エラーコードを文字列または数字で指定(省略時は'')。
    • $message
      エラーメッセージを文字列で指定(省略時は'')。
    • $data
      エラーデータ(省略時は'')。
  • array get_error_codes()
    エラーコード一覧を取得する。
  • mixed get_error_code()
    (最初の)エラーコードを取得する。
  • array get_error_messages( [ mixed $code = '' ] )
    エラーメッセージ一覧を取得する。
  • array get_error_message( [ mixed $code = '' ] )
    エラーメッセージを取得する。
  • mixed get_error_data( [ mixed $code = '' ] )
    エラーデータを取得する。
  • void add( mixed $code, string $message [ , mixed $data = '' ] )
    エラー情報を追加する。
  • void add_data( mixed $data [ , mixed $code = '' ] )
    エラーデータを追加する。
  • [4.1.0] void remove( mixed $code )
    エラー情報を削除する。

注意

このWP_Errorは、投稿情報やタクソノミー情報などの参照・追加・更新を行う関数の一部において、その返り値として使用されている。 保持されているエラー情報はエラーコード、エラーメッセージ、エラーデータが1セットになって管理されている。

ソースファイル

/wp-includes/class-wp-error.php

関連

お勧めコンテンツ

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

最終更新日時 : 2014-12-19 12:57