WP_Post

(3.5.0以降)
WP_Post - 投稿情報クラス

説明

WP_Post
投稿情報クラスです。

メンバー変数

  • $ID
    投稿ID
  • $post_author
    投稿者ID
  • $post_date
    投稿日時
  • $post_date_gmt
    投稿日時(GMT)
  • $post_content
    投稿内容
  • $post_title
    投稿タイトル
  • $post_excerpt
    投稿内容(抜粋)
  • $post_status
    投稿状態
  • $comment_status
    コメント投稿状態
  • $ping_status
    トラックバック/ピンバック受付状態
  • $post_password
    パスワード(公開状態がパスワード保護時)
  • $post_name
    投稿名(パーマリンク設定で%postname%使用時)
  • $to_ping
    -
  • $pinged
    -
  • $post_modified
    更新日時
  • $post_modified_gmt
    更新日時(GMT)
  • $post_content_filtered
    -
  • $post_parent
    親投稿記事ID(固定ページの場合)
  • $guid
    -
  • $menu_order
    ページ順序(固定ページの場合)
  • $post_type
    投稿情報タイプ
  • $post_mime_type
    MIMEタイプ()
  • $comment_count
    コメント数
  • $ancestors
    -
  • $filter
    適用されたフィルター名

メソッド

  • mixed static get_instance( int $post_id )
    パラメータ$post_idの投稿情報を取得し、WP_Postオブジェクトとして返す。
    • $post_id
      投稿情報IDを指定。
  • __construct( $post )
    投稿情報の連想配列からWP_Postオブジェクトを生成する。
    • $post
      投稿情報の連想配列を指定。
  • bool __isset( $key )
    投稿情報がメタ情報を持っているか調べる。
    • $key
      キー名を指定。
  • mixed __get( $key )
    投稿情報のプロパティ値を取得する。
    • $key
      キー名を指定。
  • mixed filter( $filter )
    投稿情報をフィルター処理する。
    • $filter
      フィルター名を指定。
  • array to_array()
    投稿情報を連想配列に変換する。

注意

WordPress 3.5.0で登場する投稿情報クラス。それ以前の投稿情報オブジェクトはPHPの標準クラスstdClassのオブジェクトになる。注目したいのは__getメソッド。これははなかなか重宝しそう。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

最終更新日時 : 2014-11-15 17:42