WP_Post

(3.5.0以降)
WP_Post - 投稿情報クラス

説明

WP_Post
投稿情報クラスです。

メンバー変数

  • $ID
    投稿ID
  • $post_author
    投稿者ID
  • $post_date
    投稿日時
  • $post_date_gmt
    投稿日時(GMT)
  • $post_content
    投稿内容
  • $post_title
    投稿タイトル
  • $post_excerpt
    投稿内容(抜粋)
  • $post_status
    投稿状態
  • $comment_status
    コメント投稿状態
  • $ping_status
    トラックバック/ピンバック受付状態
  • $post_password
    パスワード(公開状態がパスワード保護時)
  • $post_name
    投稿名(パーマリンク設定で%postname%使用時)
  • $to_ping
    -
  • $pinged
    -
  • $post_modified
    更新日時
  • $post_modified_gmt
    更新日時(GMT)
  • $post_content_filtered
    -
  • $post_parent
    親投稿記事ID(固定ページの場合)
  • $guid
    -
  • $menu_order
    ページ順序(固定ページの場合)
  • $post_type
    投稿情報タイプ
  • $post_mime_type
    MIMEタイプ()
  • $comment_count
    コメント数
  • $ancestors
    -
  • $filter
    適用されたフィルター名

メソッド

  • mixed static get_instance( int $post_id )
    パラメータ$post_idの投稿情報を取得し、WP_Postオブジェクトとして返す。
    • $post_id
      投稿情報IDを指定。
  • __construct( $post )
    投稿情報の連想配列からWP_Postオブジェクトを生成する。
    • $post
      投稿情報の連想配列を指定。
  • bool __isset( $key )
    投稿情報がメタ情報を持っているか調べる。
    • $key
      キー名を指定。
  • mixed __get( $key )
    投稿情報のプロパティ値を取得する。
    • $key
      キー名を指定。
  • mixed filter( $filter )
    投稿情報をフィルター処理する。
    • $filter
      フィルター名を指定。
  • array to_array()
    投稿情報を連想配列に変換する。

注意

WordPress 3.5.0で登場する投稿情報クラス。それ以前の投稿情報オブジェクトはPHPの標準クラスstdClassのオブジェクトになる。注目したいのは__getメソッド。これははなかなか重宝しそう。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2014-11-15 17:42