headタグのmeta(generator)タグを取り除く

headタグのmeta(generator)タグを取り除く - 標準的なテーマが出力するheadタグ内のmeta(generator)タグを取り除く

説明

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />
これはページを生成したツールを教えているタグになるわけだが、サイトの利用者にはあまり意味のない情報であり、かつセキュリティ面を考えるとこの情報がないほうが望ましいのではと考えることもできる(バージョンアップしてないことを外部にさらすことになるのだから)。 このmetaタグは、通常のテーマであればheader.phpに記載しているwp_head関数を呼び出すことによって実行されるwp_generator関数によって出力されている。安易に対応するなら、wp_head関数を呼び出さなければいいのだが、wp_head関数は標準で次のようなアクション(/wp-includes/wp-includes/default-filters.phpに記述されている)を実行しており、プラグインの利用などを考慮するなら、wp_head関数はそのままのほうがいい。
// Actions
add_action( 'wp_head',             'wp_enqueue_scripts',            1     );
add_action( 'wp_head',             'feed_links',                    2     );
add_action( 'wp_head',             'feed_links_extra',              3     );
add_action( 'wp_head',             'rsd_link'                             );
add_action( 'wp_head',             'wlwmanifest_link'                     );
add_action( 'wp_head',             'index_rel_link'                       );
add_action( 'wp_head',             'parent_post_rel_link',          10, 0 );
add_action( 'wp_head',             'start_post_rel_link',           10, 0 );
add_action( 'wp_head',             'adjacent_posts_rel_link_wp_head', 10, 0 );
add_action( 'wp_head',             'locale_stylesheet'                    );
add_action( 'publish_future_post', 'check_and_publish_future_post', 10, 1 );
add_action( 'wp_head',             'noindex',                       1     );
add_action( 'wp_head',             'wp_print_styles',               8     );
add_action( 'wp_head',             'wp_print_head_scripts',         9     );
add_action( 'wp_head',             'wp_generator'                         );
add_action( 'wp_head',             'rel_canonical'                        );
add_action( 'wp_footer',           'wp_print_footer_scripts'              );
add_action( 'wp_head',             'wp_shortlink_wp_head',          10, 0 );
add_action( 'template_redirect',   'wp_shortlink_header',           11, 0 );

// Feed Generator Tags
foreach ( array( 'rss2_head', 'commentsrss2_head', 'rss_head', 'rdf_header',
	'atom_head', 'comments_atom_head', 'opml_head', 'app_head' ) as $action ) {
	add_action( $action, 'the_generator' );
}
このwp_generator関数を取り除くには、functions.phpなどでwp_head関数の実行前に次のコードを実行すればいい。
if ( has_action( 'wp_head', 'wp_generator' ) )
	remove_action( 'wp_head', 'wp_generator' );
これでHTMLの対応は終わりだ。また、RSSなどにも生成ツールを示す情報があり、単純に削除するなら、次のコードを実行するといいだろう。
foreach ( array( 'rss2_head', 'commentsrss2_head', 'rss_head', 'rdf_header',
	'atom_head', 'comments_atom_head', 'opml_head', 'app_head' ) as $action ) {
	if ( has_action( $action, 'the_generator' ) )
		remove_action( $action, 'the_generator' );
}
なおこちらは、アクション名が'wp_generator'ではなく、'the_generator'になるので、ご注意を。

関連

  • has_action - WordPressタグにアクションが登録されているか調べる
  • remove_action - WordPressタグに登録されているアクションを削除する
  • the_generator - generatorタグを表示する
  • wp_generator - XHTMLのgeneratorタグを表示する

お勧めコンテンツ

wp_check_password(2013年4月30日 登録)

bool wp_check_password( string $password, string $hash [ , mixed $user_id = '' ] )
ユーザのログインパスワードか調べる。

is_front_page(2011年2月17日 登録)

bool is_front_page( )
フロントページか調べる。

get_the_posts_navigation(2014年12月24日 登録)

string get_the_posts_navigation( [ array $args = array() ] )
アーカイブページ向けのナビゲーションを取得する。

maybe_unserialize(2013年4月27日 登録)

mixed maybe_unserialize( string $original )
シリアライズした文字列からアンシリアライズした値を取得する。

is_day(2009年11月30日 登録)

bool is_day( )
要求されているページが、日別アーカイブページ(リクエストURLが/2009/11/30のように、書式が「/年/月/日」の場合)か調べる。

最終更新日時 : 2013-12-18 17:52