この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く

説明

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />
これはページを生成したツールを教えているタグになるわけだが、サイトの利用者にはあまり意味のない情報であり、かつセキュリティ面を考えるとこの情報がないほうが望ましいのではと考えることもできる(バージョンアップしてないことを外部にさらすことになるのだから)。 このmetaタグは、通常のテーマであればheader.phpに記載している wp_head関数を呼び出すことによって実行される wp_generator関数によって出力されている。安易に対応するなら、wp_head関数を呼び出さなければいいのだが、wp_head関数は標準で次のようなアクション(/wp-includes/wp-includes/default-filters.phpに記述されている)を実行しており、プラグインの利用などを考慮するなら、wp_head関数はそのままのほうがいい。
// Actions
add_action( 'wp_head',             'wp_enqueue_scripts',            1     );
add_action( 'wp_head',             'feed_links',                    2     );
add_action( 'wp_head',             'feed_links_extra',              3     );
add_action( 'wp_head',             'rsd_link'                             );
add_action( 'wp_head',             'wlwmanifest_link'                     );
add_action( 'wp_head',             'index_rel_link'                       );
add_action( 'wp_head',             'parent_post_rel_link',          10, 0 );
add_action( 'wp_head',             'start_post_rel_link',           10, 0 );
add_action( 'wp_head',             'adjacent_posts_rel_link_wp_head', 10, 0 );
add_action( 'wp_head',             'locale_stylesheet'                    );
add_action( 'publish_future_post', 'check_and_publish_future_post', 10, 1 );
add_action( 'wp_head',             'noindex',                       1     );
add_action( 'wp_head',             'wp_print_styles',               8     );
add_action( 'wp_head',             'wp_print_head_scripts',         9     );
add_action( 'wp_head',             'wp_generator'                         );
add_action( 'wp_head',             'rel_canonical'                        );
add_action( 'wp_footer',           'wp_print_footer_scripts'              );
add_action( 'wp_head',             'wp_shortlink_wp_head',          10, 0 );
add_action( 'template_redirect',   'wp_shortlink_header',           11, 0 );

// Feed Generator Tags
foreach ( array( 'rss2_head', 'commentsrss2_head', 'rss_head', 'rdf_header',
	'atom_head', 'comments_atom_head', 'opml_head', 'app_head' ) as $action ) {
	add_action( $action, 'the_generator' );
}
このwp_generator関数を取り除くには、functions.phpなどでwp_head関数の実行前に次のコードを実行すればいい。
if ( has_action( 'wp_head', 'wp_generator' ) )
	remove_action( 'wp_head', 'wp_generator' );
これでHTMLの対応は終わりだ。また、RSSなどにも生成ツールを示す情報があり、単純に削除するなら、次のコードを実行するといいだろう。
foreach ( array( 'rss2_head', 'commentsrss2_head', 'rss_head', 'rdf_header',
	'atom_head', 'comments_atom_head', 'opml_head', 'app_head' ) as $action ) {
	if ( has_action( $action, 'the_generator' ) )
		remove_action( $action, 'the_generator' );
}
なおこちらは、アクション名が'wp_generator'ではなく、'the_generator'になるので、ご注意を。

最終更新 : 2018年05月27日 10:52


お勧め

get_post_types_by_support(2018年5月27日 更新)

array get_post_types_by_support( mixed $feature [ , string $operator = 'and' ] )
特徴(≒編集要素)の条件にマッチする投稿タイプ名を取得をする。

get_theme_file_path(2018年5月27日 更新)

string get_theme_file_path( string $file = '' )
テーマ内にあるファイルのパス名を取得する。

get_the_excerpt(2018年5月27日 更新)

string get_the_excerpt( [ mixed $post = null$deprecated = '' ] )
投稿情報の抜粋記事を取得する。

apply_filters(2020年4月2日 更新)

mixed apply_filters( string $tag, mixed $value [ , ...$args ] )
フィルターを実行する。

wp_generator(2018年5月27日 更新)

void wp_generator( )
XHTMLのgeneratorタグを表示する。