この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う

説明

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。 WordPressの管理ページは、表示の際にadmin_head関数(アクション)を実行する(このアクションは通常のテーマでいうところの wp_head関数の管理ページ版と考えればいい)。実際に独自のcssやjavascriptを追加するのは、テーマであればfunctions.phpの任意の場所に次の内容を記述すればいい。
if ( !has_action( 'admin_head', 'private_admin_head' ) )
	add_action( 'admin_head' , 'private_admin_head' );
function private_admin_head() {
?>
<link rel="stylesheet" type="text/css" media="all" href="/css/admin.css" />
<script type="text/javascript" src="/js/admin.js"></script>
<?php
}
この例では、admin_headアクションにprivate_admin_head(この関数名はほかに重複しなければ自由に指定できる)という独自のアクション関数を追加し、'/css/admin.css'と'/js/admin.js'ファイルを指定している。これで管理ページを表示すると、admin_headアクションとしてprivate_admin_head関数が呼び出され、管理ページのHTML内ではheadタグ内で出力される。出力される場所は、WordPressが標準で組み込むcssの後になるので、WordPress標準スタイルを上書きすることも可能だ。

最終更新 : 2018年05月27日 10:52


お勧め

the_archive_description(2018年5月27日 更新)

void the_archive_description( [ string $before = '' [ , string $after = '' ] ] )
アーカイブページの説明を表示する。

wp_localize_script(2018年5月27日 更新)

bool wp_localize_script( string $handle, string $object_name, array $l10n )
スクリプト向けの変数を追加する。

wp_is_site_protected_by_basic_auth(2021年2月5日 更新)

bool wp_is_site_protected_by_basic_auth( [ string $context = '' ] )
サイトがベーシック認証で保護されているか調べる。

get_post_time(2018年5月27日 更新)

mixed get_post_time( [ string $d = 'U' [ , bool $gmt = false [ , mixed $post = null [ , bool $translate = false ] ] ] ] )
パラメータ$dで指定されたフォーマットに従って投稿データの投稿時刻を取得する。

get_page_by_title(2018年5月31日 更新)

mixed get_page_by_title( string $page_title [ , string $output = OBJECT [ , string|array $post_type = 'page' ] ] )
指定されたタイトルの投稿情報を取得する。