この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

LevelとCapability

説明

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。 WordPress 3.1の権限グループ別の所有権限は次の通り。
権限グループ管理者編集者投稿者寄稿者購読者
レベル107210
テーマの変更'switch_themes'    
テーマの編集'edit_themes'    
プラグインの有効化'activate_plugins'    
プラグインの編集'edit_users'    
ファイルの編集'edit_files'    
設定の管理'manage_options'    
インポート'import'    
コメントの承認'moderate_comments'   
カテゴリーの管理'manage_categories'   
リンクの管理'manage_links'   
フィルターなしのHTML'unfiltered_html'   
他のユーザの記事の編集'edit_others_posts'   
ページの編集'edit_pages'   
投稿された記事の編集'edit_published_posts'  
ファイルアップロード'upload_files'  
記事の投稿'publish_posts'  
記事の編集'edit_post' 
閲覧'read'
なお権限グループ別のレベルと権限は、WordPressのバージョンによって差異があるので、/wp-admin/includes/schema.phpで確認するとよい。

最終更新 : 2018年05月27日 10:52


お勧め

comment_text(2018年5月27日 更新)

void comment_text( )
現在のコメント文を表示する。

is_main_site(2018年5月27日 更新)

bool is_main_site( int $site_id = null )
サイトがメインサイトか調べる。

get_the_author_meta(2018年5月27日 更新)

string get_the_author_meta( [ string $field = '' [ , mixed $user_id = false ] ] )
投稿者情報を取得する。

single_cat_title(2018年5月27日 更新)

string single_cat_title( [ string $prefix = '' [ , bool $display = true ] ] )
アーカイブページのカテゴリー名を取得し、パラメータ$displayがtrueならば表示する。$displayがfalseの場合は、文字列として返す。

get_users(2017年11月27日 更新)

array get_users( [ array $args = array() ] )
ユーザー情報を取得する。