この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する

説明

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。 通常、投稿記事にテーマ内の画像ファイルを入れる場合、
<img src="/wp-content/themes/mytheme/images/logo.gif" />
だったり、プロトコルやドメインを含んだ
<img src="http://localhost/wp-content/themes/mytheme/images/logo.gif" />
となる。 WordPressでは、 get_template_directory_uri get_bloginfo( 'template_url' )を使うことで、自テーマのURI部分(上記の「~/mytheme」までの部分)を取得できる。ショートコードを使った投稿記事の記述例は、
<img src="[tp /]/images/logo.gif" />
または
<img src="[tp]/images/logo.gif[/tp]" />
となる。だいぶ短くなりますよね。 テーマ内のfunctions.phpに記述するPHPのコードは次の通り。
add_shortcode( 'tp', 'shortcode_tp' );
function shortcode_tp( $atts, $content = '' ) {
	return get_template_directory_uri().$content;
}
add_shortcodeを使ってショートコードに対応する関数を指定するだけのシンプルなもの。すごく簡単ですよね。

最終更新 : 2018年05月27日 10:53


お勧め

the_post(2018年5月27日 更新)

void the_post( )
投稿データをグローバル変数$postにロードし、関連するグローバル変数を設定する。

get_comments_number_text(2014年9月5日 更新)

string get_comments_number_text( [ mixed $zero = false [ , mixed $one = false [ , mixed $more = false ] ] ] )
コメント数を示す文字列を取得する。

sanitize_user(2019年4月24日 更新)

string sanitize_user( string $username [ , bool $strict = false ] )
文字列をユーザー名向けにサニタイズする。

is_object_in_taxonomy(2014年6月23日 更新)

bool is_object_in_taxonomy( string $object_type, string $taxonomy )
オブジェクトタイプがタクソノミーを使用できるか調べる。

wp_link_pages(2019年3月1日 更新)

string wp_link_pages( [ mixed $args = '' ] )
分割ページのリンクをパラメータ$argsのecho値が1ならば表示する。echo値が0ならばその文字列を取得する。