この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目

説明

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。 3.2の標準テーマでは、テーマ作成に関わるいくつかの提案(アイデア)が実践されている。その1つが投稿フォーマットの積極的な活用だろう。さっそく、具体的なソースコードを見てみよう。
以前の標準テーマ「Twenty Ten」では投稿記事を繰り返し表示する部分(ループ処理)をloop.phpやloop-●●.phpといった別ファイル分離し、トップページなどを表示するテンプレートのindex.phpでは、次のように記述されていた。
<?php get_template_part( 'loop', 'index' ); ?>
新テーマ「Twenty Eleven」のindex.phpでは、ループ処理のは分離せず、投稿記事を表示する部分のみをcontent.phpやcontent-●●.phpといった投稿フォーマットに応じたファイルに振り分けるようになっている。
<?php while ( have_posts() ) : the_post(); ?>

<?php get_template_part( 'content', get_post_format() ); ?>

<?php endwhile; ?>
投稿時にフォーマットを選択投稿ページでは、記事内容に応じた投稿フォーマットを選択。その投稿記事を表示する際に get_post_format関数で投稿フォーマットの種類を取得し、そのまま get_template_part関数のパラメータとして渡すことで、特に振り分け処理を記述することなく、表示内容を切り替えている。
これまで記事の内容に応じて表示を変更する場合は、カテゴリを利用したり、投稿記事のカスタムフィールドを活用したりしていたわけだが、投稿フォーマットを活用することでテンプレート内の記述もシンプルにできる。独自テーマを作成する際に使えるナイスな提案ですね。

最終更新 : 2011年07月06日 19:47


お勧め

utf8_uri_encode(2014年2月4日 更新)

string utf8_uri_encode( string $utf8_string [ , int $length = 0 ] )
文字列をURIエンコードする。

get_http_origin(2018年5月27日 更新)

string get_http_origin()
リクエスト元のオリジンを取得する。

tag_description(2012年1月16日 更新)

string tag_description( [ int $tag = 0 ] )
投稿タグの説明文を取得する。

is_user_admin(2011年6月23日 更新)

bool is_user_admin( )
リクエストページがユーザ管理者ページ(/wp-admin/user/内)か調べる。

get_tag_feed_link(2012年2月23日 更新)

string get_tag_feed_link( int $tag_id [ , string $feed = '' ] )
投稿タグフィードのURLを取得する。