この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで

説明

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。 ウィジェットを利用することでサイドバーの表示内容を簡単に変更できる。codexによると、テーマのfunctions.phpにて register_sidebar関数を使用する方法が紹介されている。
<?php
if ( function_exists( 'register_sidebar' ) )
	register_sidebar();
?>
これはregister_sidebar関数が定義されているかを調べ、関数が定義されているならサイドバーを登録するというもの。register_sidebar関数が使用できる2.2.0より前のバージョンで誤動作しないようになっている。
これに対し「Twenty Eleven」では、 add_action関数を使い、widgets_initアクションで twentyeleven_widgets_init関数を呼び出し、ウィジェットやサイドバーの登録を行っている。自テーマにて単にサイドバーを登録するだけなら、functions.phpに次のように記述する。
<?php
add_action( 'widgets_init', 'mytheme_widgets_init' );

function mytheme_widgets_init() {
	register_sidebar();
}
?>
ここでは関数名をmytheme_widgets_initとしているが、関数名はユニークであればいい(テーマ内の命名ルールに準じて適切な名前を付けること)。
さて「Twenty Eleven」のtwentyeleven_widgets_init関数では、独自のウィジェットを登録した後で5つのサイドバーを登録している。独自のウィジェットも実際に作ってみないとね。

最終更新 : 2011年07月14日 15:18


お勧め

get_footer(2018年5月27日 更新)

void get_footer( [ string $name = null ] )
フッターパーツを記述したメインフッターファイルfooter.php(またはサブフッターファイルfooter-???.php)を読み込む。

wp_trim_words(2020年4月28日 更新)

string wp_trim_words( string $text [ , int $num_words = 55 [ , string $more = null ] ] )
文字列を指定の長さに揃える。

clean_taxonomy_cache(2018年5月27日 更新)

void clean_taxonomy_cache( string $taxonomy )
指定したタクソノミー関連のキャッシュをクリアする。

wp_get_custom_css_post(2019年11月14日 更新)

WP_Post wp_get_custom_css_post( [ string $stylesheet = '' ] )
カスタマイザーで追加したCSS情報を取得する。

get_archives_link(2019年5月9日 更新)

string get_archives_link( string $url, string $text [ , string $format = 'html' [ , string $before = '' [ , string $after = '' [ , bool $selected = false ] ] ] ] )
アーカイブページのリンクテキストを取得する。