この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋

説明

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。 RSSフィードの内容は、管理画面の「表示設定」-「RSS/Atom フィードでの各投稿の表示」で指定できる。デフォルトでは「全文を表示」になっていて、この状態では投稿記事の内容がそのままRSSフィードに出力される。ここで「抜粋のみを表示」すると、投稿記事で抜粋が登録されていればその内容が、抜粋が登録されていない場合は投稿記事からHTMLタグを除外した内容がRSSフィードに出力されることになる。そしてこの抜粋テキストは'the_excerpt_rss'フィルターで加工処理が可能だ。 テーマ内で対応するならfunctions.phpに次のような内容を記述すればいい。
add_filter( 'the_excerpt_rss', 'mytheme_the_excerpt_rss' );

function mytheme_the_excerpt_rss( $out ) {
	if ( mb_strlen( $out ) > 100 )
		$out = mb_substr( $out, 0, 100 ).'[...]';
	return $out;
}
ここでは抜粋テキストが100字を超えていた場合に、先頭の100字を切り出し、'[...]'を加えています。字数や改行数など、用途に応じて加工内容を調整してはいかがでしょうか。

最終更新 : 2011年07月21日 18:29


お勧め

comment_text(2018年5月27日 更新)

void comment_text( )
現在のコメント文を表示する。

is_main_site(2018年5月27日 更新)

bool is_main_site( int $site_id = null )
サイトがメインサイトか調べる。

get_the_author_meta(2018年5月27日 更新)

string get_the_author_meta( [ string $field = '' [ , mixed $user_id = false ] ] )
投稿者情報を取得する。

single_cat_title(2018年5月27日 更新)

string single_cat_title( [ string $prefix = '' [ , bool $display = true ] ] )
アーカイブページのカテゴリー名を取得し、パラメータ$displayがtrueならば表示する。$displayがfalseの場合は、文字列として返す。

get_users(2017年11月27日 更新)

array get_users( [ array $args = array() ] )
ユーザー情報を取得する。