この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ

説明

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。
まず投稿にアップロードした画像のHTMLコードを挿入している仕組みを調べた。 画像のアップロードしている部分はiframeタグで「/wp-admin/media-upload.php」で行っており、目的のHTMLコードを挿入しているのは「/wp-admin/includes/media.php」のimage_send_to_editorフィルターであり、そのフィルターとして登録されているのが同media.phpで定義されているimage_add_caption関数だった。
aタグにrel属性を追加するには、このimage_add_caption関数と同じようなフィルター関数を定義すればいい。具体的には、自身のテーマのfunctions.phpに次の内容を記述する。
add_filter( 'image_send_to_editor', 'mytheme_image_send_to_editor' );

function mytheme_image_send_to_editor( $html, $id = '', $caption = '', $title = '', $align = '', $url = '', $size = '', $alt = '' ) {
	return ( strpos( $html, 'rel=' ) === false )? str_replace( '><img src', ' rel="lightbox"<>img src', $html ): $html;
}
アップロードするファイルは画像以外の添付ファイル以外の場合は、aタグにrel属性が指定されているので、挿入される$htmlにrel属性が含まれているかを調べ、含まれていない場合のみLightBox用のrel属性を追加するようにしている。また、ここではrel属性を追加しているが、aタグにclass属性を指定する場合にも利用できるだろう。
管理者向けのカスタマイズは、まだまだいろいろできそうですね。

最終更新 : 2011年07月29日 16:21


お勧め

utf8_uri_encode(2014年2月4日 更新)

string utf8_uri_encode( string $utf8_string [ , int $length = 0 ] )
文字列をURIエンコードする。

get_http_origin(2018年5月27日 更新)

string get_http_origin()
リクエスト元のオリジンを取得する。

tag_description(2012年1月16日 更新)

string tag_description( [ int $tag = 0 ] )
投稿タグの説明文を取得する。

is_user_admin(2011年6月23日 更新)

bool is_user_admin( )
リクエストページがユーザ管理者ページ(/wp-admin/user/内)か調べる。

get_tag_feed_link(2012年2月23日 更新)

string get_tag_feed_link( int $tag_id [ , string $feed = '' ] )
投稿タグフィードのURLを取得する。