この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む

説明

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。
まずはquery_posts(WP_Queryクラス)の投稿タグに関連するパラメータを再確認。
パラメータデータ
tag_id投稿タグのIDを指定'tag_id=21'
tag__in投稿タグのIDを配列で指定array( 'tag__in'=>array( 21, 23 ) )
tag__not_in投稿タグのIDを配列で指定array( 'tag__not_in'=>array( 21, 23 ) )
tag__and投稿タグのIDを配列で指定array( 'tag__and'=>array( 21, 23 ) )
tag投稿タグのスラッグを指定(複数指定する場合は「,」または「+」で区切る)'tag=abc,def'
tag_slug__in投稿タグのスラッグを配列で指定'array( 'tag_slug__in'=>array( 'abc', 'def' ) )
tag_slug__and投稿タグのスラッグを配列で指定'array( 'tag_slug__and'=>array( 'abc', 'def' ) )
カテゴリーの場合と同様、IDを指定するものと、スラッグを指定するものがある。

tag_id

'tag_id'は投稿タグが指定された投稿情報を絞り込む。指定できる投稿タグのIDは常に1つのみ。
query_posts( 'tag_id=21' );
これと同じ意味の指定を'tax_query'を使って指定すると次のようになる。
query_posts( array(
	'tax_query' => array( 
		array(
			'taxonomy'=>'post_tag',
			'terms'=>array( 21 ),
			'include_children'=>true,
			'field'=>'term_id',
			'operator'=>'IN'
			),
		'relation' => 'AND'
		)
	)
);
青字の部分は省略可能な部分。なお投稿タグには親子関係はないので、ここでの'include_children'の指定は意味がない。

tag__in

'tag__in'は複数の投稿タグのIDを指定し、その何れかの投稿タグが指定された投稿情報を絞り込む。
query_posts( array( 'tag__in'=>array( 21, 23 ) );
これと同じ意味の指定を'tax_query'を使って指定すると次のようになる。
query_posts( array(
	'tax_query' => array( 
		array(
			'taxonomy'=>'post_tag',
			'terms'=>array( 21, 23 ),
			'include_children'=>true,
			'field'=>'term_id',
			'operator'=>'IN'
			),
		'relation' => 'AND'
		)
	)
);
'tag_id'の指定との違いは赤字の部分。投稿タグのIDはこの部分に複数指定できる。

tag__not_in

'tag__not_in'は複数の投稿タグのIDを指定し、その何れかの投稿タグも指定されていない投稿情報を絞り込む。
query_posts( array( 'tag__not_in'=>array( 21, 23 ) );
これと同じ意味の指定を'tax_query'を使って指定すると次のようになる。
query_posts( array(
	'tax_query' => array( 
		array(
			'taxonomy'=>'post_tag',
			'terms'=>array( 21, 23 ),
			'include_children'=>true,
			'field'=>'term_id',
			'operator'=>'NOT IN'
			),
		'relation' => 'AND'
		)
	)
);
'tag__in'の指定との違いは赤字の部分。'operator'の値は'NOT IN'になる。

tag__and

'tag__and'は複数の投稿タグのIDを指定し、そのすべての投稿タグが指定されている投稿情報を絞り込む。
query_posts( array( 'tag__and'=>array( 21, 23 ) );
これと同じ意味の指定を'tax_query'を使って指定すると次のようになる。
query_posts( array(
	'tax_query' => array( 
		array(
			'taxonomy'=>'post_tag',
			'terms'=>array( 21, 23 ),
			'include_children'=>true,
			'field'=>'term_id',
			'operator'=>'AND'
			),
		'relation' => 'AND'
		)
	)
);
'tag__in'の指定との違いは赤字の部分。'operator'の値は'AND'になる。

tag_slug__in

これまでの流れでは'tag'の順番になるが、'tag'はパラメータの指定内容によって変化があるので、先に'tag_slug__in'を取り上げる。'tag_slug__in'は'tag__in'と同様に複数の投稿タグを指定し、その何れかが指定された投稿情報を絞り込む。'tag__in'との違いは、IDではなく、スラッグを指定できるところである。
query_posts( array( 'tag_slug__in'=>array( 'good', 'bad' ) );
これと同じ意味の指定を'tax_query'を使って指定すると次のようになる。
query_posts( array(
	'tax_query' => array( 
		array(
			'taxonomy'=>'post_tag',
			'terms'=>array( 'good', 'bad' ),
			'include_children'=>true,
			'field'=>'slug',
			'operator'=>'IN'
			),
		'relation' => 'AND'
		)
	)
);
'tag__in'との違いは赤字の部分。'field'には'slug'を指定する。

tag_slug__and

'tag_slug__and'は'tag__and'のスタッグ版。投稿タグすべてが指定されている投稿情報を絞り込む。
query_posts( array( 'tag_slug__and'=>array( 'good', 'bad' ) );
これと同じ意味の指定を'tax_query'を使って指定すると次のようになる。
query_posts( array(
	'tax_query' => array( 
		array(
			'taxonomy'=>'post_tag',
			'terms'=>array( 'good', 'bad' ),
			'include_children'=>true,
			'field'=>'slug',
			'operator'=>'AND'
			),
		'relation' => 'AND'
		)
	)
);
'tag_slug__in'との違いは赤字の部分。'field'には'slug'を、'operator'は'AND'となる。

tag

'tag'は、'tag_slug__in'や'tag_slug__and'と同様に、投稿タグのスラッグを指定して使用するが、複数の場合でも配列ではなく、スラッグを「,」または「+」で区切って文字列で指定する。この時「,」で区切ると'tag_slug__in'と同様の意味になり、「+」で区切ると'tag_slug__and'と同様の意味になる。
つまり
query_posts( 'tag=good,bad' );
query_posts( array( 'tag_slug__in'=>array( 'good', 'bad' ) );
と同意であり、
query_posts( 'tag=good+bad' );
query_posts( array( 'tag_slug__and'=>array( 'good', 'bad' ) );
さて当然のことだが、'tag'と同意の指定は'tax_query'でも指定可能である。具体的な指定方法については、先に紹介した'tag_slug__in'や'tag_slug__and'の指定方法を参考にしてほしい。
昨日はカテゴリー、今日は投稿タグの絞り込みについて整理したわけだが、場合によってはこれらを組み合わせで使用することがあるだろう。また、標準テーマのTwentyElevenの短冊ウィジェットのように、投稿フォーマットで絞り込むことも可能である。それらについては、次の機会に紹介する。

最終更新 : 2011年09月14日 18:15


お勧め

get_tag_regex(2013年8月3日 更新)

string get_tag_regex( string $tag )
HTMLタグの正規表現パターンを取得する。

wp_trash_post(2017年11月22日 更新)

mixed wp_trash_post( [ int $post_id = 0 ] )
投稿情報をゴミ箱に入れる。

human_time_diff(2014年9月5日 更新)

string human_time_diff( int $from [ , int $to = '' ] )
時間差を'5分'や'2日'のような感覚的な表現で取得する。

has_category(2012年1月17日 更新)

bool has_category( [ mixed $category = '' [ , mixed $post = null ] ] )
投稿記事がカテゴリーに属しているか調べる。

remove_accents(2013年12月11日 更新)

string remove_accents( string $string )
アクセント文字をASCII文字に変換する。