この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

index.htmlでアーカイブページを表示させる

説明

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

WordPressの場合、パーマリンク設定のカスタム構造で「/%category%/%postname%.html」のように「%postname%.html」を含めることでindex.htmlのページは準備できる。ただし、「%postname%」に適用される投稿名はブログ内でユニークであるため、index.htmlでアクセスできるページは1ページだけになってしまう。つまり、各ディレクトリごとのindex.htmlとして投稿することはできない(2つ目はindex-2.htmlみたいになってしまう)。

もともとindex.htmlで表示したい内容は、カテゴリーや投稿タグアーカイブページの内容と同じでいい。とするならば、各ディレクトリ分のindex.htmlを用意するのではなく、適切に振り分け(リダイレクト?)できればことは足りることになる。WordPressにはリクエストURLを振り分け処理を行う「WordPress Rewrite API」が存在しているが、こちらはまだ使いこなせていないので、他の方法を考えてみた。

最終的にたどり着いたのがこちら。

$_SERVER['REQUEST_URI'] = str_replace( '/index.html', '', $_SERVER['REQUEST_URI'] );

このコードを自テーマのfunctions.phpの先頭に記述するだけだ。こうすることで、WordPressが振り分けを行う前にリクエストされたURLの'/index.html'は削除され、適当なアーカイブページが表示されることになる。アーカイブページが複数ページに分割されている際のページング時のURLはこれだけではだめなのだが、とりあえず各ディレクトリ(アーカイブ)に対してindex.htmlを付けてもアクセスできるようになったので、一度メモしておく。


最終更新 : 2011年10月14日 13:44

お勧め

wp_reset_postdata(2014年11月16日 更新)

void wp_reset_postdata( )
投稿記事をリセットする。

excerpt_remove_blocks(2022年2月8日 更新)

string excerpt_remove_blocks( string $content )
コンテンツ内の抜粋に適したブロックをレンダリングする。

wp_set_comment_status(2013年9月6日 更新)

mixed wp_set_comment_status( int $comment_id, string $comment_status [ , bool $wp_error = false ] )
コメントのステータスを設定する。

wp_is_site_protected_by_basic_auth(2021年2月5日 更新)

bool wp_is_site_protected_by_basic_auth( [ string $context = '' ] )
サイトがベーシック認証で保護されているか調べる。

send_origin_headers(2018年5月27日 更新)

mixed send_origin_headers()
リクエスト元に応じてAccess-Control-Allow-Originヘッダーを送信する。