この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

日本語が含まれていないコメントを無効化する

説明

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

さっそくだが、日本語を含んでいないコメントを無効化するには次のように自テーマのfunctions.phpに以下のコードを追加する。

add_action( 'pre_comment_on_post', 'mytheme_pre_comment' );

function mytheme_pre_comment( $comment_post_ID ) {
	if ( isset( $_POST['comment'] ) && !preg_match( "/[あ-ん]+/u", $_POST['comment'] ) )
		wp_die( __('<strong>ERROR</strong>: please type a comment in Japanese.') );
}

コメント投稿時に実行されるアクションはいくつか存在しているが、ここではpre_comment_on_postアクションを使用している。このアクションは、対象の投稿情報がコメント可能になっているか調べた後、投稿されたコメント情報をチェックを行う前に実行されるアクションで、今回の対応を行うには都合のよい。

アクションの処理内容は、まずコメントが入力されているか調べ、入力されている場合はひらがなが含まれているか調べて日本語のコメントかどうかを判断している。そして、ひらがなが含まれていない場合は、 wp_die関数にてエラーメッセージを表示し、コメントの登録処理は行わない。日本語のコメントかの判断について、ここでは単純にひらがなが含まれているかどうかで判別しているが、この判別内容については適宜調整してほしい。


最終更新 : 2012年01月31日 21:45


お勧め

the_modified_author(2019年10月17日 更新)

void the_modified_author()
更新者の表示名を表示する。

wp_assign_widget_to_sidebar(2021年7月29日 更新)

void wp_assign_widget_to_sidebar( string $widget_id, string $sidebar_id )
ウィジェットをサイドバーに配置する。

get_comment_ID(2018年5月27日 更新)

int get_comment_ID( )
現在のコメントのIDを取得する。

term_is_ancestor_of(2019年3月15日 更新)

bool term_is_ancestor_of( int | object $term1, int | object $term2, string $taxonomy )
タームが子孫関係か調べる。

wp_get_custom_css_post(2019年11月14日 更新)

WP_Post wp_get_custom_css_post( [ string $stylesheet = '' ] )
カスタマイザーで追加したCSS情報を取得する。