この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする

説明

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、 show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

困った時はソースコードを見る。

今回注目したのは is_admin_bar_showing関数。名前の通りツールバーを表示するか調べる関数で、この関数の中では is_admin関数にて管理者がログインしていれば必ずtrueを返して、ツールバーを表示させている。また、is_admin関数でチェックする前に、'XMLRPC_REQUEST'、DOING_AJAX'、'IFRAME_REQUEST'のいずれかが定義されていれば必ずfalseを返すようになっている。

この情報をもとにこれらの中でいちばん影響がなさそうな'IFRAME_REQUEST'を事前に定義することで、ツールバーが見事に表示されなくなった。具体的な対応としては、使用しているテーマのfunctions.phpに次のコードを追加すればいい。

if ( !function_exists( 'mytheme_init' ) ) {
	add_action( 'init', 'mytheme_init' );
	function mytheme_init() {
		define( 'IFRAME_REQUEST', 1 );
	}
}

管理画面のツールバーはIDが'wpadminbar'なので、JavaScriptで非表示にする方法もあるわけだが、こちらの方法のほうがルツールバー表示に関わる処理を省けるメリットがある。
まあ、かなり特殊なケースなんだけどね。


最終更新 : 2013年03月05日 11:38


お勧め

標準で組み込まれたclipboard.jsを使ってみた(2019年5月15日 更新)

5.2の新機能「サイトヘルス情報」では、現状のサイト情報をクリップボードにコピーする機能がある。この機能の実装方法を調べてみると、clipboard.jsが利用されていた。

delete_term_meta(2018年5月27日 更新)

bool delete_term_meta( int $term_id, string $meta_key [ , mixed $meta_value = '' ] )
タームのメタ情報を削除する。

the_post(2018年5月27日 更新)

void the_post( )
投稿データをグローバル変数$postにロードし、関連するグローバル変数を設定する。

get_lastpostdate(2020年8月28日 更新)

string get_lastpostdate( [ string $timezone = 'server' [ , string $post_type = 'any' ] ] )
投稿記事の最終投稿日時を取得する。

is_customize_preview(2020年6月1日 更新)

bool is_customize_preview()
テーマカスタマイザーのプレビューか調べる。