管理画面の’アイキャッチ画像’を’写真’に変える

管理画面の’アイキャッチ画像’を’写真’に変える - 管理画面カスタマイズTips

説明

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

変更はいくつかの方法が考えられるが、単純な文字の書き換えですみそうなので、今回はadd_filter関数を使って翻訳テキストに書き換え時に変更する方法を取った。

add_action( 'admin_init', 'my_admin_init' );
function my_admin_init() {
	add_filter( 'gettext', 'my_gettext', 10, 3 );
}
function my_gettext( $translate_text, $text, $domain ) {
	return str_replace( 'アイキャッチ画像', '写真', $translate_text );
}

書き換えを行うのは管理画面だけなので、admin_initアクションを登録して、__関数などで呼び出されるgettextフィルターに独自の関数を追加。追加した関数にて、'アイキャッチ画像'を'写真'に変更している。

関連

  • add_filter - フィルター関数を追加する
  • _e - 翻訳テキストを表示する
  • __ - 翻訳テキストを取得する

お勧めコンテンツ

wp_nonce_field(2014年5月19日 登録)

string wp_nonce_field( [ mixed $action = -1 [ , string $name = "_wpnonce" [ , bool $referer = true [ , bool $echo = true ] ] ] ] )
nonce用フォームパラメータ(HTMLタグ)を表示する。

post_class(2009年12月16日 登録)

void post_class( [ string $class = '' [ , int $post_id = null ] ] )
投稿情報の種別に応じたクラス属性(class="post-?? post ...")を表示する。具体的なクラス名は、投稿ID(post-番号)、投稿種別(postやpage)、カテゴリー(category-名前)、タグ(tag-名前)などがある。これらクラス名に合わせたCSSを準備することで、投稿ページのユニークなデザインが表現可能になる。

is_active_sidebar(2010年6月4日 登録)

bool is_active_sidebar( mixed $index )
ダイナミックサイドバーが有効か確認する。

get_lastpostdate(2011年8月30日 登録)

string get_lastpostdate( [ string $timezone = 'server' [ , string $post_type = 'any' ] ] )
投稿記事の最終投稿日時を取得する。

get_post_status_object(2014年10月8日 登録)

object get_post_status_object( string $post_status )
投稿ステータス情報を取得する。

最終更新日時 : 2013-01-23 10:52