ホームディレクトリから過去のファイルを削除する

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する - 気が付けば過去のファイルがけっこう残っていたので

説明

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

WordPress 3.0以降のホームディレクトリのPHPファイルは次の通り。

ファイル名3.5/3.5.13.43.33.0/3.1/3.2
index.php
wp-activate.php
wp-app.php
wp-atom.php
wp-blog-header.php
wp-comments-post.php
wp-commentsrss2.php
wp-config.php
wp-config-sample.php
wp-cron.php
wp-feed.php
wp-links-opml.php
wp-load.php
wp-login.php
wp-mail.php
wp-pass.php
wp-rdf.php
wp-register.php
wp-rss.php
wp-rss2.php
wp-settings.php
wp-signup.php
wp-trackback.php
xmlrpc.php

3.2以前に比べると、最新版のPHPファイルは赤字の9ファイル少なくなっていることがわかる。現在使われていないファイルを削除。ホームディレクトリがだいぶスッキリした感じ(下図)。

だいぶすっきり

お勧めコンテンツ

get_currentuserinfo(2011年6月21日 登録)

mixed get_currentuserinfo( )
現在のユーザ情報を読み込む。

form_option(2014年1月30日 登録)

void form_option( string $option )
オプションの値をフォーム要素向けに表示する。

category_description(2009年12月14日 登録)

string category_description( [ int $category = 0 ] )
カテゴリーの説明文を取得する。

get_allowed_http_origins(2014年10月29日 登録)

array get_allowed_http_origins()
有効なオリジンのリストを取得する。

utf8_uri_encode(2014年2月4日 登録)

string utf8_uri_encode( string $utf8_string [ , int $length = 0 ] )
文字列をURIエンコードする。

最終更新日時 : 2013-01-27 14:10