この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う

説明

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」に記載したように、固定ページのテンプレートファイルは「page-ページ名.php」「pege-投稿ID.php」「page.php」の順に検索され、先に見つかったファイルを使ってページを表示する。

通常はこの通りなのだが、厳密には「page-ページ名.php」の前にその固定ページのカスタムフィールドに'_wp_page_template'にテンプレートファイル名を指定されていると、そのテンプレートファイルが最優先となる。カスタムフィールド名が'_'から始まっていることからわかるようにWordPressシステムが内部で使用するだと思われ、固定ページの編集ページからは登録できないようになっているが、これに対処する方法は存在する。

方法の1つが、WordPressシステムが get_post_meta関数で'_wp_page_template'の値を取得する際にフィルターで対応する方法である。具体的には、親の固定ページのページ名を'terms'として'page-terms.php'を準備。その子の固定ページでも同じテンプレートファイルを使用する。テーマのfunctions.phpに次のようなコードを追加すればいい(mytheme_の部分は適宜書き換えを)。

add_action( "get_post_metadata", 'mytheme_get_post_metadata', 10, 4 );
if ( ! function_exists( 'mytheme_get_post_metadata' ) ) {
	function mytheme_get_post_metadata( $meta_id, $object_id, $meta_key, $single ) {
		if ( $meta_key == '_wp_page_template' ) {
			$page = get_page( $object_id );
			switch ( ( $page->post_parent != 0 )? get_page( $page->post_parent )->post_name: $page->post_name ) {
				case 'terms':
					return 'page-terms.php';
			}
		}
	}
	return null;
}

get_post_metadataフィルターはget_post_meta関数の実行時に呼び出されるフィルターである(関数名とフィルター名が違うのでちょっとわかりにくいかも)。パラメータ$meta_keyが'_wp_page_template'の場合に条件判断を行い、その返り値としてテンプレートファイル名を返している。

この例では、ページ名(post_name)で判断しているが、タイトル(post_title)や投稿IDなどで振り分けることもできる。親子関係以外の複数の固定ページで同じテンプレートファイルを使用することも簡単だ。


最終更新 : 2013年03月20日 22:53


お勧め

get_cat_name(2018年5月27日 更新)

string get_cat_name( int $cat_id )
カテゴリーIDからカテゴリー名を取得する。

wp_kses_no_null(2012年4月25日 更新)

string wp_kses_no_null( string $string )
文字列からNULL文字を取り除く。

__(2018年5月27日 更新)

string __( string $text [ , string $domain = 'default' ] )
現在のロケールに応じた翻訳テキストを取得する。

username_exists(2018年5月27日 更新)

mixed username_exists( string $username )
ユーザ名が登録されているか確認する。

get_approved_comments(2011年6月19日 更新)

array get_approved_comments( int $post_id )
投稿記事の公開許諾されているコメント情報を取得する。