この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

一定時間でログアウトする

説明

ログイン関係を調べている関係で、 wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

というわけで本題へ。Webアプリケーションの中にはログインして一定時間何もしなかった場合にログアウトするものがある。今回やりたいことはまさにこれである。

ロジックは至極シンプルで、管理者ページが表示される際に実行されるadmin_initアクションにて、ログイン情報を含んだクッキーの有効期限を設定し続けるだけである。これであれば管理者ページが表示される度に有効期限は延長されるため、最終表示から所定の時間が経過した場合のみログアウトになる。

テーマのfunctions.phpに記述する内容は次の通り。すでにadmin_initアクションを使っている場合は適宜修正して使ってください。

add_action( 'admin_init', 'mytheme_admin_init' );
function mytheme_admin_init() {
	add_filter( 'auth_cookie_expiration', 'mytheme_auth_cookie_expiration', 10, 3 );
	$user = wp_get_current_user();
	wp_set_auth_cookie( $user->ID, true );
}
function mytheme_auth_cookie_expiration( $expiration, $user_id, $remember ) {
	if ( $remember ) $expiration = <span class="blue">3600</span>;
	return $expiration;
}

この例では、管理者ページを表示した際、前回のアクセスから1時間(3,600秒)経過しているとログアウトしてログインページを表示することになる。ログイン維持時間(クッキー有効期限)を変更する場合、青字の部分の秒指定を変更すること。

最近ブラウザを閉じることはあまりなくなってきており、より安全なサイト運用を心がけるなら、多少の利便性を犠牲にしてもログイン維持時間は設定しておくといいだろう。


最終更新 : 2013年05月23日 15:32


お勧め

query_posts(2020年4月10日 更新)

array query_posts( mixed $query )
投稿情報を条件を指定して検索し、マッチしたすべてのデータをグローバル変数$postsに、その先頭データを$postにロードする。

is_post_publicly_viewable(2021年4月20日 更新)

bool is_post_publicly_viewable( [ int | WP_Post $post = null ] )
投稿が公開状態か調べる。

get_the_terms(2016年2月13日 更新)

mixed get_the_terms( mixed $id = 0, string $taxonomy )
投稿記事のタクソノミー情報を取得する。

get_userdata(2022年2月4日 更新)

mixed get_userdata( int $user_id )
ユーザIDを指定し、マッチするユーザ情報を取得する。

wp_set_password(2013年5月5日 更新)

void wp_set_password( string $password, int $user_id )
ログインパスワードを設定する。