この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

3.6リリース直前チェック

説明

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

$wpdbのescapeメソッドは、データベースの検索や更新時の文字列データをエスケープ処理(addslashes関数を呼び出して文字列中の'(シングルクォート)や"(ダブルクォート)などをスラッシュでクォートする)に使用できる。

global $wpdb;
$data = $wpdb->escape( $data );

WordPress 3.6ではこのescapeメソッドが非推奨になるわけだが、代替には$wpdbのprepareメソッドや esc_sql関数がある。まあ、もともとescapeメソッドを単独で利用していることはないだろうから、素直にprepareメソッドを利用するのが簡単だろう。

global $wpdb;
$result = $wpdb->get_results( $wpdb->prepare( "SELECT * FROM {$wpdb->postmeta} WHERE meta_value = %s", $data ) );

escapeメソッドはWordPress 0.71から提供されており、3.6で非推奨(deprecated)になる。3.6になってすぐ使えなくなるわけではないが、今後のことを考え、自身で作ったテーマやプラグインで使われていないかチェックしておこう。


最終更新 : 2013年07月26日 13:57


お勧め

strip_shortcodes(2016年12月15日 更新)

string strip_shortcodes( string $content )
投稿記事からショートコードを取り除く。

selected(2018年5月27日 更新)

string selected( mixed $selected [ , mixed $current = true [ , bool $echo = true ] ] )
HTMLのselected属性を表示する。パラメータ$echoにfalseを指定した場合は表示しない。

user_can(2018年5月27日 更新)

bool user_can( mixed $user, string $capability )
ユーザの権限を調べる。

wp_get_nocache_headers(2019年9月3日 更新)

array wp_get_nocache_headers( )
ブラウザのキャッシュを無効にするHTTPヘッダー情報(配列)を取得する。

send_origin_headers(2018年5月27日 更新)

mixed send_origin_headers()
リクエスト元に応じてAccess-Control-Allow-Originヘッダーを送信する。