この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する

説明

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

テンプレートファイルは、リクエストURLに応じて投稿情報を取得したあと、/wp-includes/template-loader.phpにて投稿情報の状態に応じて適切なテンプレートファイルを読み込む仕組みになっている。リクエストURLが固定ページ、すなわち is_page関数の戻り値がtrueの場合は、get_page_template関数にてテーマ内のpage.phpなどの固定ページ用テンプレートファイルが存在するか調べ、存在する場合は読み込みを、存在しない場合は別のテンプレートファイルを探すようになっている(ほとんどのテーマでは、index.phpになる)。

get_page_template関数をトレースしていくと、page_templateフィルターが実行されていることがわかったので、このフィルターを使うことで固定ページをsingle.phpで表示するようにしてみた。具体的に自テーマのfunctions.phpに追加するコードは次の通り(「mytheme_」の部分は適宜置き換えて使用していただきたい)。

function mytheme_singular_template( $template ) {
	if ( $template == '' )
		$template = locate_template( array( 'single.php' ) );
	return $template;
}
add_filter( 'page_template', 'mytheme_singular_template' );

このフィルター関数が呼び出されるタイミングは、テーマ内の固定ページ用テンプレートファイルの検索後である。テーマに固定ページ用テンプレートファイルがなかった場合は、パラメータ$templateの値は''となるので、その場合にのみ locate_template関数を使ってsingle.phpを探し、その結果を返すようにしている。このようにすることで、後でpage.phpが用意された場合はそれが適用されるし、仮にsingle.phpが見つからなかった場合は最終的にindex.phpが適用されるようになる。

こんなレアケースに遭遇した場合はお試しください。


最終更新 : 2013年07月31日 18:17


お勧め

get_ancestors(2018年5月27日 更新)

array get_ancestors( [ int $object_id = 0 [ , string $object_type = '' [ , string $resource_type = '' ] ] ] )
先祖のIDをまとめて取得する。

get_comment_meta(2014年3月9日 更新)

mixed get_comment_meta( int $comment_id [ , string $key = '' [ , bool $single = false ] ] )
コメントメタ情報の値を取得する。

is_tax(2014年12月23日 更新)

bool is_tax( [ mixed $taxonomy = '' [ , mixed $term = '' ] ] )
カテゴリーおよび投稿タグ以外のタクソノミーアーカイブページか調べる。

wp_spaces_regexp(2014年9月5日 更新)

string wp_spaces_regexp( )
空白文字の正規表現パターンを取得する。

user_can_richedit(2011年6月21日 更新)

string user_can_richedit( )
ビジュアルリッチエディターが使用できるか調べる。