この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

投稿内容に応じてwpautopを制御する

説明

投稿内容を表示する the_content関数では、 wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

制御方法について検討したのは、

  • a) いくつかのカテゴリを限定する
  • b) カスタムフィールドを使う
  • c) 投稿内容に特定のコメントを入れる

といった感じ。これらの選択肢の中で最終的に決定したのは、「特定のコメントを入れる」方法になる。この方法を選択した理由は、コメントの場合は投稿内容の文字列だけで処理を判断できるためだ。

自テーマのfunctions.phpに追加するコードは次の通り。

function noautop( $content ) {
	if ( strpos( $content, '<!--noautop-->' ) !== false ) {
		remove_filter( 'the_content', 'wpautop' );
		$content = preg_replace( "/\s*\<!--noautop-->\s*(\r\n|\n|\r)?/u", "", $content );
	}
	return $content;
}
add_filter( 'the_content', 'noautop', 1 );

ポイントは add_filter関数の第3パラメータに1を指定しているところ。これにより、the_content関数のフィルター関数として、最優先に実行することができる。noautop関数では、投稿内容に特定のコメント(ここでは'<!--noautop-->')の有無を調べ、あった場合にはwpautop関数をフィルターから外し、そのコメント自身を消去している。

さて制御方法の検討段階では、投稿内容にショートコードを含めることも検討した。ショートコードで制御できるかを調べる段階で、wpautop関数の実行直後にショートコードが実行されることがわかった。これまでショートコードの実行タイミングをあまり意識していなかったが、この点は押さえておいたほうがいいだろう。


最終更新 : 2013年08月13日 15:07


お勧め

site_url(2018年12月8日 更新)

string site_url( [ string $path = '' [ , string $scheme = null ] ] )
現在のブログ(サイト)のサイトURLを取得する。サイトURLは、管理者ページの「設定」-「一般」の「WordPressのアドレス(URL)」のこと。

cat_is_ancestor_of(2011年11月15日 更新)

bool cat_is_ancestor_of( mixed $cat1, mixed $cat2 )
カテゴリが子孫関係か調べる。

pings_open(2018年5月27日 更新)

bool pings_open( [ mixed $post_id = NULL ] )
投稿ページ(情報)がトラックバック・ピンバックを許可しているかを調べる。

get_theme_support(2018年10月19日 更新)

mixed get_theme_support( string $feature [ , mixed $args ] )
テーマ機能を取得する。

get_users(2017年11月27日 更新)

array get_users( [ array $args = array() ] )
ユーザー情報を取得する。