この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

「姓」の後に「名」を

説明

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

WordPressの管理画面では、table要素によってフォームの各項目を表現しているので、今回のように「名」と「姓」の並びを変更する場合はそれらのtr要素を入れ替えればいい。具体的には、テーマのfunctions.phpに次のコードを追加し、admin_print_footer_scriptsアクションを利用して、「名」と「姓」のあるtr要素を入れ替えた。

add_action( 'admin_print_footer_scripts', 'first_name_after_last_name' );
function first_name_after_last_name() {
?>
<script type="text/javascript">
/* <![CDATA[ */
( function($) {
	$( '#last_name' ).each( function () {
		tr_last_name = $(this).parents( 'tr' );
		tr_first_name = tr_last_name.prev( 'tr' );
		if ( tr_first_name.find( '#first_name' ).length == 1 )
			tr_last_name.after( tr_first_name );
	} );
} )( jQuery );
/* ]]> */
</script>
<?php
}

管理画面の操作できるアクションはいくつか用意されている。今回使用したadmin_print_footer_scriptsアクションは2.8.0で追加されたアクションである。それ以前のバージョンなら、admin_footerアクション(1.2.0以降)が利用できる。


最終更新 : 2013年11月06日 18:44

お勧め

wp_validate_redirect(2016年4月22日 更新)

string wp_validate_redirect( string $locaution [ , string $default = '' ] )
URLがリダイレクト先として有効か調べる。

wp_make_link_relative(2018年5月27日 更新)

mixed wp_make_link_relative( mixed $link )
URLからフルパス名を取得する。

get_month_link(2012年2月2日 更新)

string get_month_link( mixed $year, mixed $month )
月アーカイブのURLを取得する。

_n(2019年2月22日 更新)

string _n( string $single, string $plural, int $number [ , string $domain = 'default' ] )
数値フォーマットの翻訳テキストを取得する。

get_post_types(2017年3月6日 更新)

array get_post_types( [ array $args = array() [ , string $output = 'names' [ , string $operator = 'and' ] ] ] )
投稿タイプ情報を列挙する。