この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

canvasタグを投稿したい

説明

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

投稿情報に有効なHTMLタグをまとめた $allowedposttagsは、globalキーワードを使用することで自テーマのfunctions.phpで参照・更新でき、3.4の時点ではadmin_initアクション関数を登録してその中で更新して対応していた。この方法は現在でも意図通り動作しているのだが、3.5で登場した wp_kses_allowed_html関数が登場し、この中で呼び出される'wp_kses_allowed_html'フィルター関数で対応するのが、よりスマートだと思われる。

自テーマのfunctions.phpに記述する内容は次の通り。

add_filter( 'wp_kses_allowed_html', 'mytheme_wp_kses_allowed_html', 10, 2 );

function mytheme_wp_kses_allowed_html( $tags, $context ) {
	if ( $context == 'post' ) {
		$tags['div']['id'] = true;
		$tags['canvas'] = array( 'id'=>true, 'width'=>true, 'height'=>true );
	}
	return $tags;
}

上記の例では、パラメータ$contextが'post'の場合のみcanvasタグのほかにdivタグのid属性を有効にしている。自サイトの投稿で使用したいHTMLタグやその属性を適時指定してほしい。

標準で使用できるHTMLタグは、/wp-includes/kses.phpを参照で$allowedposttagsの定義箇所を参照。なお一部のプラグインでも$allowedposttagsの内容を操作しているようなので、その点も意識しておきたい。


最終更新 : 2020年03月24日 11:12


お勧め

wp_reset_postdata(2014年11月16日 更新)

void wp_reset_postdata( )
投稿記事をリセットする。

excerpt_remove_blocks(2022年2月8日 更新)

string excerpt_remove_blocks( string $content )
コンテンツ内の抜粋に適したブロックをレンダリングする。

wp_set_comment_status(2013年9月6日 更新)

mixed wp_set_comment_status( int $comment_id, string $comment_status [ , bool $wp_error = false ] )
コメントのステータスを設定する。

wp_is_site_protected_by_basic_auth(2021年2月5日 更新)

bool wp_is_site_protected_by_basic_auth( [ string $context = '' ] )
サイトがベーシック認証で保護されているか調べる。

send_origin_headers(2018年5月27日 更新)

mixed send_origin_headers()
リクエスト元に応じてAccess-Control-Allow-Originヘッダーを送信する。