この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

タイトルのみをキーワード検索する

説明

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

query_posts関数(WP_Queryクラス)のキーワード検索はsパラメータで指定する。例えば'abc'を検索する場合は、内部では次のような検索条件文となる(テーブルプレフィックスは標準の'wp')。

// ログイン中の場合
$search = " AND (((wp_posts.post_title LIKE '%abc%') OR (wp_posts.post_content LIKE '%abc%'))) ";

// 未ログインの場合
$search = " AND (((wp_posts.post_title LIKE '%abc%') OR (wp_posts.post_content LIKE '%abc%')))  AND (wp_posts.post_password = '') ";

「wp_posts.post_title」が投稿タイトル、「wp_posts.post_content」が本文の検索条件で、後者の条件を削除すれば、タイトルのみのキーワード検索を実現できる。そんな都合のいいフィルターがあるかというと、実際あったりするのがWordPressのいいところ。フィルター名は'posts_search'で、次のようなコードをテーマのfunctions.phpに追加することでタイトルのみの検索を実現できる。

add_filter( 'posts_search', 'search_for_title' );

function search_for_title( $search ) {
	return preg_replace( "/ OR \([^\(\.]+.post_content LIKE '%.+%'\)/u", "", $search );
}

ついでに、本文のみのキーワード検索を実現する場合は、次のようにすればいい。

add_filter( 'posts_search', 'search_for_content' );

function search_for_content( $search ) {
	return preg_replace( "/\([^\(\.]+.post_title LIKE '%.+%'\) OR /u", "", $search );
}

なお検索条件を置き換える正規表現は、若干甘さがあるかもしれない(何度か試した限り、上記で問題なかった)。うまくいかない場合は、適宜調整してほしい。


最終更新 : 2014年04月03日 12:34


お勧め

wp_get_recent_posts(2013年10月16日 更新)

mixed wp_get_recent_posts( [ mixed $args = array() [ , string $output = ARRAY_A ] ] )
最新の投稿情報を取得する。

esc_url_raw(2018年5月27日 更新)

string esc_url_raw( string $url [ , array $protocols = null ] )
URL文字列を調べ、データベース向けに余分な文字を取り除いたり、変換したりする。

wp_delete_auto_drafts(2012年6月14日 更新)

void wp_delete_auto_drafts( )
古い自動保存された投稿情報(ステータスが'auto-draft')を削除する。

sanitize_key(2018年5月27日 更新)

string sanitize_key( string $key )
サイト内識別子向けにサニタイズする。

is_sticky(2014年2月21日 更新)

bool is_sticky( [ int $post_id = 0 ] )
投稿が「先頭に固定表示(sticky)」か調べる。