ログアウト後はいつもサイトトップ

(4.2.0以降)
ログアウト後はいつもサイトトップ - もうredirect_toパラメータを付与しなくても大丈夫

説明

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

wp_logout_url関数のおさらい

ログインページには、ログイン機能のほかにログアウト機能やパスワード変更機能などの機能を備えている。各機能はactionパラメータによって切り替わる仕組みで、ログアウト機能を行う場合のURLはwp_logout_url関数で取得できる。

echo wp_logout_url();

// 出力結果
http://localhost/wp-login.php?action=logout&_wpnonce=94161863f5

// リンクをクリックした後(ログアウト後)のURL
http://localhost/wp-login.php?loggedout=true

上記の出力結果はホストのドメインがlocalhostで、WordPressをドキュメントルートディレクトリにインストールした場合。actionパラメータの他にnonceパラメータが付与されていることがわかる。

次にwp_logout_url関数のパラメータとしてサイトトップ('/')を指定してみる。

echo wp_logout_url( '/' );

// 出力結果
http://localhost/wp-login.php?action=logout&redirect_to=%2F&_wpnonce=94161863f5

// リンクをクリックした後(ログアウト後)のURL
http://localhost/

出力結果のredirect_toパラメータの値がwp_logout_url関数のパラメータで指定した'/'をURLエンコードした内容となっている。

フィルターを使ってログアウト後のURLを変更する

さて、テーマのテンプレートにログアウト用のリンクを埋め込むのであればwp_logout_url関数のパラメータにログアウト後のURLを指定すればよいのだが、「ツールバー(admin ber)」のログアウトメニューのようなリンクを変更する場合はwp_logout_url関数内の'logout_url'フィルターを利用することになる。

add_filter( 'logout_url', 'my_logout_url', 10, 2 );
function my_logout_url( $logout_url, $redirect ) {
	if ( empty( $redirect ) )
		$logout_url = add_query_arg( array( 'redirect_to'=>urlencode( '/' ) ), $logout_url );
	return $logout_url;
}

このフィルターの返り値はログアウト後に表示するページのURLになり、変更しない場合は$logout_urlをそのまま返す。この例では、wp_logout_url関数のパラメータがない場合のみ、add_query_arg関数を使ってURLにredirect_toパラメータを追加している。

もう1つの方法は、4.2.0で追加された'logout_redirect'フィルターを利用することである。このフィルターは、ログアウト処理の後に対象ページにリダイレクトする直前に呼び出され、パラメータにログアウトしたユーザ情報が含まれている。

add_filter( 'logout_redirect', 'my_logout_redirect', 10, 3 );
function my_logout_redirect( $redirect_to, $requested_redirect_to, $user ) {
	if ( !( isset( $user ) && $user instanceof WP_User && $user->has_cap( 'edit_posts' ) ) )
		$redirect_to = '/';
	return $redirect_to;
}

このフィルターの返り値がリダイレクトするページのURLになり、変更しない場合は$redirect_toをそのまま返す。上記ではパラメータ$userを使って編集者および管理者以外('edit_posts'を持っていない)ユーザか調べ、それらのユーザの場合のみログアウト後のページをサイトトップに変更している。

どちらのフィルターでも基本的にはログアウト後に指定したページを表示させることはできるが、'logout_redirect'フィルターならログアウト処理後に確実にURLを書き換えられる。またログアウト履歴を保存する場合にも利用できるだろう。

関連

お勧めコンテンツ

add_management_page(2011年5月26日 登録)

mixed add_management_page( string $page_title, string $menu_title, mixed string $capability, string $menu_slug [ , mixed $function = '' ] )
ツールメニューにサブメニューを登録する。

edit_term_link(2015年6月24日 登録)

string edit_term_link( [ string $link = '' [ , string $before = '' [ , string $after = '' [ , object $term = null [ , bool $echo = true ] ] ] ] ] )
タームの編集リンクを表示または取得する。

image_constrain_size_for_editor(2011年12月1日 登録)

array image_constrain_size_for_editor( int $width, int $height [ , mixed $size = 'medium' ] )
イメージの縮小サイズを取得する。

add_query_arg(2013年1月22日 登録)

string add_query_arg( mixed $param1 [ , mixed $param2 [ , mixed $param3 ] ] )
クエリーURIを更新する。

term_exists(2011年6月2日 登録)

mixed term_exists( mixed $term [ , string $taxonomy = '' [ , int $parent = 0 ] ] )
タクソノミー情報が存在するか調べる。

最終更新日時 : 2015-05-07 10:03