wp_titleからwp_get_document_titleへ

説明

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

はじめに、この記事の内容は4.4 beta1のソースコードをもとにしており、正式リリース時には変わる可能性があることをあらかじめお断りしておきます。

wp_titleが4.4で非推奨にwp_titleはけっきょく非推奨にならないっぽい

wp-includes/deprecated.phpによると、4.4で非推奨になる関数は次の4つ3つとなっています。

廃止予定の関数名定義された
バージョン
廃止予定になった
バージョン
代替関数など
post_permalink1.0.04.4.0 get_permalink
wp_get_http2.5.04.4.0WP_Httpクラス
force_ssl_login2.6.04.4.0 force_ssl_admin
wp_title1.0.04.4.0 add_theme_support

ページタイトルを出力する関数として長らく使用されてきたwp_title関数が、非推奨になったのはちょっと驚きですね。代わりにadd_theme_support関数が追加され、今後はこちらを利用することになりそうです。wp_title関数は結局のところ非推奨にならないようです(beta4で復帰)。現在のテーマのafter_setup_themeアクションで以下のようにadd_theme_support関数を使っている場合は影響ありませんが、今後のことを考えると直接wp_title関数を使っているテーマはそろそろadd_theme_support関数に切り替える必要がありそうです。

add_theme_support( 'title-tag' );

最終更新 : 2018年05月27日 10:45


お勧め

get_comment_id_fields(2014年10月6日 更新)

string get_comment_id_fields( [ int $id = 0 ] )
コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する。

has_header_image(2018年5月27日 更新)

bool has_header_image( )
現在のテーマがヘッダー画像を持っているか調べる。

wp_generator(2018年5月27日 更新)

void wp_generator( )
XHTMLのgeneratorタグを表示する。

get_userdata(2018年5月27日 更新)

mixed get_userdata( int $user_id )
ユーザIDを指定し、マッチするユーザ情報を取得する。

get_the_content(2014年3月3日 更新)

string get_the_content( [ string $more_link_text = null [ , bool $strip_teaser = false ] ] )
現在の投稿情報のコンテンツを取得する。