この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる

説明

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

beta2、beta3がさくさく公開され、ソースコードを追い切れていないわけです。そんな中でふと見つけたのが、今回紹介する内容です。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で紹介しているようにWordPressのテーマではさまざまなテンプレートが利用できます。これまでのテーマでは、「page-{スラッグ(投稿名)}.php」や「page-{投稿ID}.php」という名前でテンプレートを用意しておけば特定の固定ページに専用のテンプレートを適用できましたが、これはあくまでも固定ページのみ。投稿ページで同じようなことを実現するためには、template_redirectアクションやtemplate_includeフィルターなどを利用する必要がありました。

4.4では、投稿ページ向けのテンプレートの適用順が変更されています。

優先度テンプレートファイル名
single-{投稿タイプ名}-{スラッグ(投稿名)}.php [4.4.0]
single-{投稿タイプ名}.php
single.php

たとえば標準の投稿ページで、スラッグが'hello'の場合、single-post-helllo.phpというファイル名のテンプレートを用意しておけばいいわけです。固定ページのように投稿IDでの指定はできないのですが、この機能を利用すれば、特定の投稿ページのみ異なるデザインを適用させるのが容易になります。ちょっとしたことかもしれませんが、実用性は高い変更点ではないでしょうか。


最終更新 : 2018年05月27日 10:45


お勧め

is_email(2017年11月28日 更新)

mixed is_email( string $email [, bool $deprecated = false ] )
文字列がメールアドレス形式か調べる。

get_option(2019年11月14日 更新)

mixed get_option( string $setting [ , mixed $default = false ] )
パラメータ$settingで指定されたオプションの値を取得する。

has_filter(2018年5月27日 更新)

mixed has_filter( $tag, [ mixed $function_to_check = false ] )
WordPressタグにフィルターが登録されているか調べる。

make_clickable(2012年4月26日 更新)

string make_clickable( $text )
テキスト中のURLをリンクに変換する。

get_bookmark(2011年6月10日 更新)

mixed get_bookmark( mixed $bookmark [ , string $output = OBJECT [ , string $filter = 'raw' ] ] )
リンク情報を取得する。