投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう

(4.7.0以降)
投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう - テンプレートを選択できるのは固定ページだけじゃない

説明

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

この機能を有効にするには、テーマ内のテンプレートファイルのヘッダ部分に2行の「おまじない」(赤字青字の行)を記述すればよい。

<?php
/**
 * The template for displaying all single posts
 *
 * Template Name:Single Type A
 * Template Post Type:post
 *
…以下略…

赤字のキーワード「Template Name」が従来の固定ページ向けのテンプレートファイルで使用されていたもので、これがテンプレートファイルであることを意味している。「:」以降から改行までの文字列がテンプレートファイルの「名前」となり、この「名前」がプルダウンメニューに表示される。

青字のキーワード「Template Post Type」が対象となる投稿タイプとなり、一般の投稿ページ向けならば'post'を、カスタム投稿タイプであればその投稿タイプ名を指定する。複数の投稿タイプに対応させたい場合はそれらの投稿タイプ名を「,」で区切って指定すればよい(例、Template Post Type:post,page)。なお、この行が省略された場合は固定ページ向けのテンプレートファイルとして解釈され(「Template Post Type:page」と記述した場合と同じ)、これまでのバージョンとの互換性を維持している。

実際にテーマの「single.php」をコピーし「single-a.php」「single-b.php」を作成し、上記のコメントを追加。投稿ページの編集画面には「投稿の属性」ウィジェット(メタボックス)が追加され、投稿ページにおいてテンプレートファイルが選択可能になった。

投稿ページの編集画面に追加された「投稿の属性」ウィジェット

お勧めコンテンツ

get_tag_regex(2013年8月3日 登録)

string get_tag_regex( string $tag )
HTMLタグの正規表現パターンを取得する。

wp_parse_args(2012年7月19日 登録)

array wp_parse_args( mixed $args, mixed $defaults = '' )
クエリー文字列を解析し、各パラメータのデフォルト値とマージした連想配列を取得する。

single_term_title(2011年8月31日 登録)

string single_term_title( [ string $prefix = '' [ , bool $display = true ] ] )
アーカイブページのタクソノミー名(カテゴリー、投稿タグ、その他のタクソノミー)を取得し、パラメータ$displayがtrueならば表示する。$displayがfalseの場合は、文字列として返す。

bloginfo_rss(2014年4月1日 登録)

void bloginfo_rss( [ string $show = '' ] )
フィード向けのブログ情報を出力する。

the_category(2009年11月12日 登録)

void the_category ( [ string $separator = '' [ , string $parents = '' [ , mixed $post_id = false ] ] ] )
投稿データのカテゴリーをリンク付きで表示する。

最終更新日時 : 2016-12-20 08:45