ログインページのタイトルを変更してみる

説明

バージョン4.9では新しいフィルターやフィルターのパラメータの追加が多数行われている。ここではその一例としてログインページ関連で追加された2つのフィルターを紹介する。

ログインページのタイトル

ログインページタイトルは「ログイン ‹ 〇〇〇〇 — WordPress」といった書式になっている(言語が日本語)。このタイトルを変更できるのが追加された'login_title'フィルターである。このフィルターのパラメータ$login_titleには「ログイン ‹ 〇〇〇〇 — WordPress」が、$titleには「ログイン」(通常は'Log In'の翻訳テキスト)が格納されてくる。

$login_title = apply_filters( 'login_title', $login_title, $title );

このフィルターを使って「〇〇〇〇へようこそ」とする場合は次のコードをテーマ内のfunctions.phpに記述する。

function my_login_title( $login_title, $title ) {
	return get_bloginfo( 'name', 'display' ) . 'へようこそ';
}

add_filter( 'login_title', 'my_login_title', 10, 2 );

このフィルターを使用する場合に注意するポイントはエスケープ処理。ページタイトルをするコードは次のように直接echoしており、エスケープ処理が必要な場合はフィルター内で行う必要がある。

<title><?php echo $login_title; ?></title>

リンクのセパレータ

もう1つのフィルターはログインページのリンクを区切る文字(標準だと「登録 | パスワードをお忘れですか ?」の「 | 」の部分)を変更する'login_link_separator'フィルターである。

$login_link_separator = apply_filters( 'login_link_separator', ' | ' );

パラメータには区切り文字が格納されてくるので、' ・ 'に変更する場合は次のようなコードを記述すればよい。

function my_login_link_separator( $separator ) {
	return ' ・ ';
}

add_filter( 'login_link_separator', 'my_login_link_separator', 10, 1 );

なおリンクの区切り文字はエスケープ処理の後で出力されるため、'login_link_separator'フィルターで区切り文字を返す前にエスケープ処理を行う必要はない。

echo esc_html( $login_link_separator );

最終更新 : 2018年05月27日 10:43


お勧め

is_blog_admin(2011年6月23日 更新)

bool is_blog_admin( )
リクエストページがブログ管理者ページ(/wp-admin/内)か調べる。

post_class(2018年5月27日 更新)

void post_class( [ string $class = '' [ , int $post_id = null ] ] )
投稿情報の種別に応じたクラス属性(class="post-?? post ...")を表示する。具体的なクラス名は、投稿ID(post-番号)、投稿種別(postやpage)、カテゴリー(category-名前)、タグ(tag-名前)などがある。これらクラス名に合わせたCSSを準備することで、投稿ページのユニークなデザインが表現可能になる。

get_the_password_form(2014年3月3日 更新)

string get_the_password_form( [ mixed $post = 0 ] )
パスワード保護されている投稿のパスワード入力フォームを取得する。

get_template_directory_uri(2018年5月27日 更新)

string get_template_directory_uri( )
現在のテンプレートのパス名(URI)を取得する。

wp_get_single_post(2014年11月16日 更新)

mixed wp_get_single_post( [ int $post_id = 0 [ , string $mode = OBJECT ] ] )
投稿情報を取得する。取得する情報には、標準の投稿情報に区分けカテゴリーIDと投稿タグ名の配列が含まれる。