任意の名前でエラーログファイルを指定する

説明

来週にはWordPress 5.1がリリース。RC1のソースコードを見ていると、 wp_debug_mode関数が変更されており、興味深かった。

WP_DEBUG_LOGの定義内容

WordPressにはデバッグ支援機能としてPHPコードの実行エラー時にその内容を出力するものがある。デバッグ支援機能は標準では無効だが、wp-config.phpに以下の定数を定義することで有効となる。

定数名機能
WP_DEBUGtrueまたは1デバッグ支援機能を有効化
WP_DEBUG_DISPLAYtrueまたは1エラー内容をレスポンスに出力
WP_DEBUG_LOGtrueまたは1か、エラーログファイルのフルパス名エラー内容をログファイルに出力

従来WP_DEBUG_LOGにtrueまたは1を設定すると、エラーログファイルはWordPressがインストールされたディレクトリ内のwp-content/debug.logに固定されていた。5.1ではこの仕様をそのままにエラーログファイルのフルパス名が指定できるようになった。wp-config.phpに追加する内容は以下の通りである。

define( 'WP_DEBUG', true );
define( 'WP_DEBUG_LOG', '/var/log/wp_errors.log' );

この件、開発者にはうれしい機能変更だと思う。


最終更新 : 2019年02月15日 10:24

お勧め

wp_get_recent_posts(2013年10月16日 更新)

mixed wp_get_recent_posts( [ mixed $args = array() [ , string $output = ARRAY_A ] ] )
最新の投稿情報を取得する。

esc_url_raw(2018年5月27日 更新)

string esc_url_raw( string $url [ , array $protocols = null ] )
URL文字列を調べ、データベース向けに余分な文字を取り除いたり、変換したりする。

wp_delete_auto_drafts(2012年6月14日 更新)

void wp_delete_auto_drafts( )
古い自動保存された投稿情報(ステータスが'auto-draft')を削除する。

sanitize_key(2018年5月27日 更新)

string sanitize_key( string $key )
サイト内識別子向けにサニタイズする。

is_sticky(2014年2月21日 更新)

bool is_sticky( [ int $post_id = 0 ] )
投稿が「先頭に固定表示(sticky)」か調べる。