プラグインがロードされた直後に何かする

説明

5.1.0の変更箇所を見ていくとプラグインのロード毎にアクションが実行される仕組みが追加されていた。このアクションの使いどころを考えてみた。

3種類のプラグイン

WordPressのさまざまな初期処理を行っているwp-settings.phpを見てみると、WordPressのプラグインはロードされるタイミングによって3種類に分類できる。それぞれのプラグインがロードされる流れは次の通り。

  1. MUプラグイン(must-use plugin)を順にロードする。
    • [5.1.0]mu_plugin_loadedアクションを実行する。
      do_action( 'mu_plugin_loaded', $mu_plugin );
  2. ネットワークプラグインを順にロードする(マルチサイトのみ)。
    • [5.1.0]network_plugin_loadedアクションを実行する。
      do_action( 'network_plugin_loaded', $network_plugin );
  3. [2.8.0]muplugins_loadedアクションを実行する。
    do_action( 'muplugins_loaded' );
  4. 一般プラグインを順にロードする。
    • [5.1.0]plugin_loadedアクションを実行する。
      do_action( 'plugin_loaded', $plugin );
  5. [1.5.0]plugins_loadedアクションを実行する。
    do_action( 'plugins_loaded' );

今回追加された各アクションはパラメータにロードしたプラグインのフルパス名が指定されている。どのプラグインがロードされたのかは、その内容で判別できる。

ボトルネックのプラグインを探す

追加されたアクションの使いどころでパッと思いつくのが、各プラグインのロード時間を計測すること。MUプラグインを準備し、muplugins_loadedアクションで時間計測を開始し、plugin_loadedアクションで経過時間をログファイルに記録すれば、各プラグインのロード時間を継続的に測定できる。これはレスポンス時間が遅い場合の調査に役立つだろう。


最終更新 : 2019年03月11日 14:56

お勧め

wp_get_recent_posts(2013年10月16日 更新)

mixed wp_get_recent_posts( [ mixed $args = array() [ , string $output = ARRAY_A ] ] )
最新の投稿情報を取得する。

esc_url_raw(2018年5月27日 更新)

string esc_url_raw( string $url [ , array $protocols = null ] )
URL文字列を調べ、データベース向けに余分な文字を取り除いたり、変換したりする。

wp_delete_auto_drafts(2012年6月14日 更新)

void wp_delete_auto_drafts( )
古い自動保存された投稿情報(ステータスが'auto-draft')を削除する。

sanitize_key(2018年5月27日 更新)

string sanitize_key( string $key )
サイト内識別子向けにサニタイズする。

is_sticky(2014年2月21日 更新)

bool is_sticky( [ int $post_id = 0 ] )
投稿が「先頭に固定表示(sticky)」か調べる。