この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

使っていないか確認しないとね!(フィルター編)

説明

先週末にWordPress 5.2 Beta3(以降5.2Beta3)が公開され、正式リリースまであとわずか。ソースコードの変更点を見ていくと、wp-login.phpの中に非推奨となったフィルターが目に留まった。

フィルター名の変更

5.2Beta3のwp-login.phpでは'login_headertitle'フィルターが非推奨となり、その代わりに'login_headertext'フィルターが追加されている。気になったソースコードを一通り調べてみると、非推奨になっているフィルターがほかにも見つかった。

フィルター名定義非推奨代替フィルター名
auth_{$type}_{$subtype}_meta_{$meta_key}4.6.04.9.8auth_{$type}_meta_{$meta_key}_for_{$subtype}
'htmledit_pre'4.3.0'format_for_editor'
'richedit_pre'4.3.0'format_for_editor'
'blog_details'MU (3.0.0)4.7.0'site_details'
'rest_enabled'4.4.04.7.0'rest_authentication_errors'
'login_headertitle'2.1.05.2.0'login_headertext'

自身が使っているテーマや自作したプラグインなどでこれらのフィルターを使っている場合は、適当な段階で代替フィルターに書き換えるべきだろう。


最終更新 : 2019年04月24日 21:54

お勧め

wp_authenticate(2022年1月31日 更新)

WP_User | WP_Error wp_authenticate( string $username, string $password )
ユーザー認証を行う。

wp_send_json_success(2020年12月10日 更新)

void wp_send_json_success( [ mixed $response = null [ , int $status_code = null [ , int $options = 0 ] ] ] )
AJAXリクエストの成功レスポンスとしてJSON情報を返す。

wp_oembed_get(2014年11月16日 更新)

mixed wp_oembed_get( string $url [ , mixed $args = '' ] )
oEmbedに対応したページの埋め込み用コンテンツを取得する。

setup_postdata(2014年11月16日 更新)

bool setup_postdata( stdClass $post )
投稿記事に関連するグローバル変数を設定する。

the_permalink(2018年5月27日 更新)

void the_permalink( [ mixed $post = 0 ] )
現在の投稿データのパーマリンクを表示する。