この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

Login rebuilder 2.6.0の新機能紹介

説明

今回追加したものは、REST API / Usersの使用をログイン時のみ使用できるように制限する機能である。この機能を有効にすることで、管理者情報が漏洩するリスクを低減させる効果が期待できる。

REST APIとの付き合い方

REST APIはサイトのさまざまな情報にアクセスできる便利な機能であり、その情報の中には管理者情報も含まれている。今回追加した機能は、管理者情報へのアクセスをログイン時に限定するものである。「設定」-「ログインページ」の変更箇所は次の通り。

REST API / Usersの制限機能

1つ目の変更点が「その他」に追加した「ログインしていない場合はREST API / Usersを拒否する。」チェックボックスである。これをチェックすることで、ログインしていないクライアントからのREST API / Usersリクエストはエラーレスポンスを返すようになり、そのログ情報を保存する。

2つ目の変更点が「ログ保存」の「拒否したRESI APIのログ件数:」であり、上記のログ情報を保持する最大件数を設定できる(省略時は200件)。

0ではない

REST APIのログはログがある場合に「ダッシュボード」のウィジェットとして表示される。以下は先週から試験的に導入したサイトのものである。

とあるサイトのログ状況

現状、REST API / Usersが使用される頻度はそれほど多くないようだが、けっして「0」ではない。REST APIそのものは、WordPress本体のブロックエディタやプラグインでも使用されているため、今回の対応は影響範囲を考慮してREST API / Usersに絞った対応となっている。


最終更新 : 2019年04月22日 11:02

お勧め

strip_shortcodes(2016年12月15日 更新)

string strip_shortcodes( string $content )
投稿記事からショートコードを取り除く。

selected(2018年5月27日 更新)

string selected( mixed $selected [ , mixed $current = true [ , bool $echo = true ] ] )
HTMLのselected属性を表示する。パラメータ$echoにfalseを指定した場合は表示しない。

user_can(2018年5月27日 更新)

bool user_can( mixed $user, string $capability )
ユーザの権限を調べる。

wp_get_nocache_headers(2019年9月3日 更新)

array wp_get_nocache_headers( )
ブラウザのキャッシュを無効にするHTTPヘッダー情報(配列)を取得する。

send_origin_headers(2018年5月27日 更新)

mixed send_origin_headers()
リクエスト元に応じてAccess-Control-Allow-Originヘッダーを送信する。