この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

管理画面でよく使うスタイルをまとめてみた「メッセージ編」

説明

標準で用意されているスタイルを知っておくことで、独自に用意するスタイルを軽減でき、機能拡張した部分の見た目は違和感が少なくなる。そんな共通要素のスタイルのひとつが「メッセージ」だ。メッセージにはいくつかの意味合いがあり、用途に応じてすぐに使い分けすることになる。今回はそんなメッセージ向けのスタイルをざっくりまとめてみた。

メッセージの基本スタイル

管理画面向けのプラグインでは、ユーザーの操作に対応してさまざまなメッセージを出力する。管理画面向けのスタイルは標準で読み込まれており、プラグインで簡単にすぐに利用できる。メッセージはdiv要素とp要素で構成するのが一般的で、div要素にはnoticeクラスなどを指定する。

<div class="notice notice-success notice-alt">

メッセージ

青字のクラスで色味を選択し、赤字のnotice-altクラスを指定した場合は同系色の別バリエーションとなる。

noticeクラス出力イメージ
.notice-success.notice-successの出力イメージ
.notice-success.notice-alt.notice-success.notice-altの出力イメージ
.notice-warning.notice-warningの出力イメージ
.notice-warning.notice-alt.notice-warning.notice-altの出力イメージ
.notice-error.notice-errorの出力イメージ
.notice-error.notice-alt.notice-error.notice-altの出力イメージ
.notice-info.notice-infoの出力イメージ
.notice-info.notice-alt.notice-info.notice-altの出力イメージ

この8種類が基本形になり、クラス指定にはエイリアスもあるがここでは割愛する。

非表示ボタンを付ける

応用例の1つとして、div要素にis-dismissibleクラスを追加することで、ユーザーがメッセージを非表示にできるボタン(アイコン)を付けることができる。

メッセージ

この内容を実際に出力すると次のような表示となる。

.notice-success.is-dismissibleの出力イメージ

開発者は、ボタン部分のHTML要素だけでなく、クリック時にこのメッセージを非表示にするスクリプトも用意する必要はない。


最終更新 : 2019年07月30日 14:23

お勧め

the_archive_description(2018年5月27日 更新)

void the_archive_description( [ string $before = '' [ , string $after = '' ] ] )
アーカイブページの説明を表示する。

wp_localize_script(2018年5月27日 更新)

bool wp_localize_script( string $handle, string $object_name, array $l10n )
スクリプト向けの変数を追加する。

wp_is_site_protected_by_basic_auth(2021年2月5日 更新)

bool wp_is_site_protected_by_basic_auth( [ string $context = '' ] )
サイトがベーシック認証で保護されているか調べる。

get_post_time(2018年5月27日 更新)

mixed get_post_time( [ string $d = 'U' [ , bool $gmt = false [ , mixed $post = null [ , bool $translate = false ] ] ] ] )
パラメータ$dで指定されたフォーマットに従って投稿データの投稿時刻を取得する。

get_page_by_title(2018年5月31日 更新)

mixed get_page_by_title( string $page_title [ , string $output = OBJECT [ , string|array $post_type = 'page' ] ] )
指定されたタイトルの投稿情報を取得する。