この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

5.3.1: サイト管理者のメールアドレス確認に関するアップデート

説明

セキュリティ&メンテナンスアップデートの5.3.1がリリースされ、その中に以前投稿した「5.3の新機能:サイト管理者のメールアドレスを定期的に確認する」に関連したアップデートがあったので紹介する。

管理者メールアドレスの検証

メジャーアップデートの5.3.0では、管理者権限を持つ管理者がログインした際、一定間隔(標準では180日)でサイト管理者のメールアドレスを確認する機能が導入された。5.3.0へアップデート後、はじめてログインしたタイミングで表示されるので、多くの方はこのページに見覚えがあるだろう。

定期的に表示される「管理者メールアドレスの検証」ページ

今回のアップデートで影響するのはページの下部にある「後で再通知(Remind me later)」のリンクに関することである。

「後」は「いつ」なのか

「管理者メールアドレスの検証」ページで「後で再通知」リンクをクリックした場合、標準ではその時点から3日後以降のログイン後のタイミングで再度「管理者メールアドレスの検証」ページが表示される。今回追加された'admin_email_remind_interval'フィルターはこの「3日後」を変更できるものである。

$remind_interval = (int) apply_filters( 'admin_email_remind_interval', 3 * DAY_IN_SECONDS );

このフィルターの返り値の単位は秒数であり、明日以降に短縮したければ「DAY_IN_SECONDS」をといった感じで値を返せばよい。

function mysite_admin_email_remind_interval( $interval ) {
	return DAY_IN_SECONDS;
}

add_filter( 'admin_email_remind_interval', 'mysite_admin_email_remind_interval' );

また、次のように返り値に0を返した場合は「後で再通知」リンクを非表示にできる。

add_filter( 'admin_email_remind_interval', '__return_zero' );

すでに管理者のメールアドレスの確認を行ったサイトではこの機能が有効に働くのは約半年後になってしまうが、今のうちに適切な秒数を返すようにしておくとよいだろう。


最終更新 : 2020年04月02日 11:21


お勧め

wp_reset_postdata(2014年11月16日 更新)

void wp_reset_postdata( )
投稿記事をリセットする。

excerpt_remove_blocks(2022年2月8日 更新)

string excerpt_remove_blocks( string $content )
コンテンツ内の抜粋に適したブロックをレンダリングする。

wp_set_comment_status(2013年9月6日 更新)

mixed wp_set_comment_status( int $comment_id, string $comment_status [ , bool $wp_error = false ] )
コメントのステータスを設定する。

wp_is_site_protected_by_basic_auth(2021年2月5日 更新)

bool wp_is_site_protected_by_basic_auth( [ string $context = '' ] )
サイトがベーシック認証で保護されているか調べる。

send_origin_headers(2018年5月27日 更新)

mixed send_origin_headers()
リクエスト元に応じてAccess-Control-Allow-Originヘッダーを送信する。