この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

個人データのエクスポートメール向けに追加された新フィルター

説明

先週「WordPress 5.4 RC3」が公開され、正式リリースまであと1週間。ブロックエディターの機能強化が目立つわけですが、地味な変更点もちらほらと。今回はその中の1つ、「個人データのエクスポート」機能に関連するフィルターを紹介する。

「個人データのエクスポート」機能では、サイト投稿者などからのリクエストに対応するもので、その方の個人データのリンク(ダウンロード先)を記載したメールを送信する。そのメール送信には wp_mail関数が使用されており、これまでは次のような呼び出しになっていた。

$mail_success = wp_mail( $request_email, $subject, $content );

パラメータ$request_emailには送信先メールアドレスが、$subjectにはメールタイトルが、$contentにはメール本文が格納されており、それぞれ対応するフィルターでカスタマイズできるようになっている。

5.4ではwp_mail関数の呼び出しにおいてパラメータ$headersが追加され、その直前にwp_privacy_personal_data_email_headersフィルターを実行するように変更された。

$headers = apply_filters( 'wp_privacy_personal_data_email_headers', $headers, $subject, $content, $request_id, $email_data );

$mail_success = wp_mail( $request_email, $subject, $content, $headers );

パラメータ$headersの初期値は''で、上記のフィルターを使うことで任意のヘッダー情報を指定できる。

なお、サーバーのメール送信プログラム(sendmail)の設定によってはヘッダー情報が無視されたり、除外されたりする場合があるので、その点は留意したい。


最終更新 : 2020年04月02日 11:21


お勧め

add_links_page(2014年12月26日 更新)

mixed add_links_page( string $page_title, string $menu_title, mixed string $capability, string $menu_slug [ , mixed $function = '' ] )
リンクメニューにサブメニューを登録する。

get_date_from_gmt(2021年4月1日 更新)

string get_date_from_gmt( string $string [ , string $format = 'Y-m-d H:i:s' ] )
グリニッジ標準時の日時から現在のロケールの日時を取得する。

addslashes_strings_only(2020年12月17日 更新)

mixed addslashes_strings_only( mixed $value )
変数が文字列の場合にバックスラッシュでエスケープする。

wp_filter_oembed_iframe_title_attribute(2019年5月14日 更新)

string wp_filter_oembed_iframe_title_attribute( $result, $data, $url )
oEmbedのHTML(iframe要素のtitle属性値)に対してフィルター処理を行う。

number_format_i18n(2017年11月16日 更新)

string number_format_i18n( mixed $number [ , int $decimals = 0 ] )
数値を1000位毎にグループ化して国際化対応にフォーマットする。