5.7の新機能:AJAXでパスワードを取得

説明

日本時間の今朝「WordPress 5.7 Beta 3(以降Beta 3)」が予定通り公開されました。今回は、ソースコードを眺めていた時に気になったパスワードを取得できるAJAXについて確認した。

はじめに、この記事は公開された5.7 Beta 3をもとにしており、正式リリースの際に変更される可能性があることを予めお断りする。

ログイン時は無効

まずは実際に新しく追加されたAJAXをのURLにアクセスしてみる。

http://localhost/wp-admin/admin-ajax.php?action=generate-password

アクセスしたユーザーがログインしていない場合は、次のようなJSONデータがレスポンスとして返ってくる。

{"success":true,"data":"C*FsS525pBj5uB0bTh1TuZkx"}

dataプロパティの内容がパスワードであり、英数記号による24字のパスワードがランダムに生成されている。

このパスワードを取得できるAJAXは次のように登録されており、ユーザーがログインされていない場合のみ機能するようになっている。

add_action( 'wp_ajax_nopriv_generate-password', 'wp_ajax_nopriv_generate_password' );

今度はログインした後にさきほどのAJAXのURLにアクセスする。今回のレスポンスは 0 となり、パスワードのJSONデータは返ってこない。

このAJAXはどこで使う?

さて、パスワードを取得できるAJAXだが、パスワードリセット時に新しいパスワードを設定する画面で使用されている。tracで関連トピックを探してみると、4年以上前に提案された「Reset Password Page UX」にもとづいて「Generate Password」ボタンが追加され、そのボタンが押されると新しいパスワードを取得する仕組みが導入されている。

個人的には普段ほとんど見ることがない画面だが、5.7ではこんなところも改良されているんですね。


最終更新 : 2021年02月17日 11:48

お勧め

wp_specialchars_decode(2018年5月27日 更新)

string wp_specialchars_decode( string $string [ , mixed $quote_style = ENT_NOQUOTES ] )
HTMLエンティティ化された特殊文字をもとに戻す。

restore_previous_locale(2018年11月21日 更新)

string | bool restore_previous_locale()
直前のロケールへ戻す。

ent2ncr(2020年4月10日 更新)

string ent2ncr( string $text )
&のような名前エンティティを&のような数値エンティティに変換する。

wp_editor(2017年6月9日 更新)

void wp_editor( string $content, string $editor_id [ , array $settings = array( ] )
エディタを表示する。

get_post_types_by_support(2018年5月27日 更新)

array get_post_types_by_support( mixed $feature [ , string $operator = 'and' ] )
特徴(≒編集要素)の条件にマッチする投稿タイプ名を取得をする。