Login rebuilder 2.7.0の新機能紹介

説明

Login rebuilder 2.7.0では、ログインページ(メイン)のアクセスログを保存とその内容をダッシュボードのウィジェットに表示する機能を追加した。なお、ログインページ(メイン)のアクセスログはログインのログを保存する設定と連動しており、設定を変更する必要はありません。

メインのログインページが対象

Login rebuilderでは最大2つのログインページを設定できるが、今回追加したアクセスログはメインのログインページが対象となる。保存するログの内容は、アクセス日時、IPアドドレス、リクエストメソッド、actionパラメータ、ユーザーエージェントとなる。ダッシュボードの「ログインページのアクセスログ」ウィジェットではactionパラメータ以外を表示している。

ダッシュボードに「ログインページのアクセスログ」ウィジェットを追加

各ログはユーザーエージェントをそのまま表示しているため、通常は折り返して表示する。折り返しは、「改行切替」をクリックすることで切り替えできる。この「改行切替」機能については、折り返しが生じていた「拒否したREST APIのログ」ウィジェットにも追加した。


今回追加した「ログインページのアクセスログ」機能は、攻撃者のアクセスを早期に発見する手助けを目的としている。身に覚えのないログを見つけた場合は適宜対応してほしい。


最終更新 : 2021年06月04日 17:03

お勧め

get_the_post_thumbnail_caption(2018年5月27日 更新)

string get_the_post_thumbnail_caption( mixed $post = null )
投稿ページのサムネイル(アイキャッチ画像)キャプションを取得する。

wp_enqueue_style(2019年11月25日 更新)

void wp_enqueue_style( string $handle [ , string $src = false [ , array $deps = array() [ , string $ver = false [ , string $media = 'all' ] ] ] ] )
使用するスタイルシート(CSS)を出力用のキューに入れる。パラメータ$srcが指定された場合は、グローバル変数$wp_stylesに登録してから出力用のキューに入れる。

post_class(2018年5月27日 更新)

void post_class( [ string $class = '' [ , int $post_id = null ] ] )
投稿情報の種別に応じたクラス属性(class="post-?? post ...")を表示する。具体的なクラス名は、投稿ID(post-番号)、投稿種別(postやpage)、カテゴリー(category-名前)、タグ(tag-名前)などがある。これらクラス名に合わせたCSSを準備することで、投稿ページのユニークなデザインが表現可能になる。

get_header(2020年8月18日 更新)

void | false get_header( [ string $name = null [ , array $args = array() ] ] )
ヘッダパーツを記述したメインヘッダファイルheader.php(またはサブヘッダファイルheader-???.php)を読み込む。

get_the_excerpt(2018年5月27日 更新)

string get_the_excerpt( [ mixed $post = null$deprecated = '' ] )
投稿情報の抜粋記事を取得する。