Login rebuilder 2.7.0の新機能紹介

説明

Login rebuilder 2.7.0では、ログインページ(メイン)のアクセスログを保存とその内容をダッシュボードのウィジェットに表示する機能を追加した。なお、ログインページ(メイン)のアクセスログはログインのログを保存する設定と連動しており、設定を変更する必要はありません。

メインのログインページが対象

Login rebuilderでは最大2つのログインページを設定できるが、今回追加したアクセスログはメインのログインページが対象となる。保存するログの内容は、アクセス日時、IPアドドレス、リクエストメソッド、actionパラメータ、ユーザーエージェントとなる。ダッシュボードの「ログインページのアクセスログ」ウィジェットではactionパラメータ以外を表示している。

ダッシュボードに「ログインページのアクセスログ」ウィジェットを追加

各ログはユーザーエージェントをそのまま表示しているため、通常は折り返して表示する。折り返しは、「改行切替」をクリックすることで切り替えできる。この「改行切替」機能については、折り返しが生じていた「拒否したREST APIのログ」ウィジェットにも追加した。


今回追加した「ログインページのアクセスログ」機能は、攻撃者のアクセスを早期に発見する手助けを目的としている。身に覚えのないログを見つけた場合は適宜対応してほしい。


最終更新 : 2021年06月04日 17:03

お勧め

get_next_post(2018年5月27日 更新)

object get_next_post( [ bool $in_same_cat$in_same_term = false [ , string $excluded_categoriesmixed $excluded_terms = '' [ , string $taxonomy = 'category' ] ] ] )
1つ後の投稿情報を取得する。

wp_loginout(2018年5月27日 更新)

void wp_loginout( [ string $redirect = '' ] )
閲覧者がログインしているかどうかを調べ、ログインしていなければログインページのリンクを、ログイン済みならばログアウトページのリンクを表示する。

get_terms(2020年12月14日 更新)

array get_terms( mixed $args = array(), mixed $deprecated = '' mixed $taxonomies, [ mixed $args = '' ] )
条件を指定してタクソノミー情報を検索し、マッチしたすべてのデータを取得する。

wp_localize_script(2018年5月27日 更新)

bool wp_localize_script( string $handle, string $object_name, array $l10n )
スクリプト向けの変数を追加する。

get_post_status_object(2014年10月9日 更新)

object get_post_status_object( string $post_status )
投稿ステータス情報を取得する。