新規投稿時の本文プレースホルダーテキストを変える

説明

ブロックエディターに影響を与えるフィルターは多数存在する。今回紹介するフィルターはその1つで、新規投稿時の本文ブロックのプレースホルダーテキストを変更するものだ。

新規投稿時の段落ブロック

新規投稿時、初期状態の本文は空になり、ブロックエディターでは本文部分に段落ブロックが割り当てられている。この段落ブロックのプレースホルダーテキストは、5.0から『文章を入力、または / でブロックを選択(Start writing or type / to choose a block)』だったが、5.8では次のよう『ブロックを選択するには「/」を入力(Type / to choose a block)』に変更された。

5.8ではプレースホルダーテキストが変更された

これは、従来のテキストがやや冗長な感じだったため、通常の段落ブロックのプレースホルダーテキストに合わせて短めに変更された(参考)。

プレースホルダーテキストを変える

新規投稿時の本文プレースホルダーテキストは、write_your_storyフィルターを使うことで変更できる。このフィルターは5.0でブロックエディターが正式に導入されたタイミングで追加されていたのだが、すっかり見落としていた。

このフィルターを使って実際にプレースホルダーテキストを変更できるか確認する。テーマのfunctions.phpに追加するコードは次の内容になる。

function mytheme_write_your_story( $text, $post ) {
	return date( '今日はY年n月j日です' ) . '😀';
}

add_filter( 'write_your_story', 'mytheme_write_your_story', 10, 2 );

編集したfunctions.phpファイルを更新し、「投稿」-「新規追加」メニューを選択。ブロックエディターの本文プレースホルダーテキストは、次のように変更された。

プレースホルダーテキストを変更した一例

プレースホルダーテキストには、上記のようにHTMLエンティティが指定できる。一方、>や<はエスケープされるため、HTML要素を含めても意図した表示にはならず、テキスト内に改行コードを含めても複数行で表示されることはない。

なお規投稿時の本文プレースホルダーテキストは、この段落ブロックにフォーカスが移った瞬間に『ブロックを選択するには「/」を入力』に切り替わり、以降は切り替わった内容がそのまま維持される。

write_your_storyフィルターを使って、ヒントになるようなメッセージを表示しても面白いのではないだろうか。


最終更新 : 2021年09月09日 15:07


お勧め

the_archive_description(2018年5月27日 更新)

void the_archive_description( [ string $before = '' [ , string $after = '' ] ] )
アーカイブページの説明を表示する。

wp_localize_script(2018年5月27日 更新)

bool wp_localize_script( string $handle, string $object_name, array $l10n )
スクリプト向けの変数を追加する。

wp_is_site_protected_by_basic_auth(2021年2月5日 更新)

bool wp_is_site_protected_by_basic_auth( [ string $context = '' ] )
サイトがベーシック認証で保護されているか調べる。

get_post_time(2018年5月27日 更新)

mixed get_post_time( [ string $d = 'U' [ , bool $gmt = false [ , mixed $post = null [ , bool $translate = false ] ] ] ] )
パラメータ$dで指定されたフォーマットに従って投稿データの投稿時刻を取得する。

get_page_by_title(2018年5月31日 更新)

mixed get_page_by_title( string $page_title [ , string $output = OBJECT [ , string|array $post_type = 'page' ] ] )
指定されたタイトルの投稿情報を取得する。