新テーマ「Twenty Twenty-Three」にはfunctions.phpがない

説明

WordPress 6.1に同梱された新テーマ「Twenty Twenty-Three」を見てみると、そこには見慣れたfunctions.phpがない。Full Site Editing(FSE)対応テーマってこんな感じなのかと思いつつ、テーマの設定がどうなっているのか調べてみた。

ブロックベースのテーマ

テーマを「Twenty Twenty-Three」に切り替え、出力された内容を見てみると、サイト共通のfeedリンクが出力されている。このことからテーマに'automatic-feed-links'が適用されていることがわかったので、WordPressのソースコードを検索すると、wp-includes/theme.php の中に「_add_default_theme_supports」というプライベート関数が見つかった。

function _add_default_theme_supports() {
	if ( ! wp_is_block_theme() ) {
		return;
	}

	add_theme_support( 'post-thumbnails' );
	add_theme_support( 'responsive-embeds' );
	add_theme_support( 'editor-styles' );
	/*
	 * Makes block themes support HTML5 by default for the comment block and search form
	 * (which use default template functions) and `` and `` shortcodes.
	 * Other blocks contain their own HTML5 markup.
	 */
	add_theme_support( 'html5', array( 'comment-form', 'comment-list', 'search-form', 'gallery', 'caption', 'style', 'script' ) );
	add_theme_support( 'automatic-feed-links' );

	add_filter( 'should_load_separate_core_block_assets', '__return_true' );
}

この関数はバージョン5.9.0で追加されたもので、setup_themeアクションのコールバック関数として定義されており、従来からテーマの設定を行う際に利用しているafter_setup_themeアクションより先に実行するものだった。

_add_default_theme_supports関数の中身を見てみると、 wp_is_block_theme関数によりテーマがブロックベースのテーマなのか判定し、ブロックベースのテーマでない場合はなにもしない。ブロックベースのテーマの場合は、 add_theme_support関数によりいくつかの機能を追加している。これらの機能に過不足があった場合は、テーマのfunctions.phpに記述することになるようだ。


最終更新 : 2022年10月06日 12:56


お勧め

the_modified_author(2019年10月17日 更新)

void the_modified_author()
更新者の表示名を表示する。

wp_assign_widget_to_sidebar(2021年7月29日 更新)

void wp_assign_widget_to_sidebar( string $widget_id, string $sidebar_id )
ウィジェットをサイドバーに配置する。

get_comment_ID(2018年5月27日 更新)

int get_comment_ID( )
現在のコメントのIDを取得する。

term_is_ancestor_of(2019年3月15日 更新)

bool term_is_ancestor_of( int | object $term1, int | object $term2, string $taxonomy )
タームが子孫関係か調べる。

wp_get_custom_css_post(2019年11月14日 更新)

WP_Post wp_get_custom_css_post( [ string $stylesheet = '' ] )
カスタマイザーで追加したCSS情報を取得する。