この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介

説明

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

ログの保存

Login rebuilderが保存するログは3種類あります。

  1. wp-login.phpが直接アクセスされた場合
  2. 設定されたログインページでIDとパスワードでログイン失敗した場合
  3. 設定されたログインページでIDとパスワードでログイン成功した場合

上記のaとbは「無効なリクエスト時のログ」として、cは「ログインのログ」として保存するようになっており、Login rebuilderの設定ページの「ログ保存」の項目でどのログを保存するかを指定できます。

「ログインページ 設定」の「ログ保存」

ログの確認

保存しているログは、Login rebuilderの設定ページの「ログを表示」ボタンをクリックすることで表示されます。ログの表示形式は「アクセス日時 - ID(IPアドレス)」です。

「ログインページ 設定」の「無効なリクエスト時のログ」

「無効なリクエスト時のログ」のログでは、IDの記載がないものがwp-login.phpが直接アクセスされた場合、IDが記載されているものが設定されたログインページでIDとパスワードでログイン失敗した場合となります。後者のログがある場合は、ログインページを変更したほうがいいでしょう。

「ログインページ 設定」の「ログインのログ」

「ログインのログ」はログイン成功したものになるので、アクセス日時やIPアドレスで不正なアクセスがないかを確認できます。

1.4.4では管理者('manage_options'所有者)のダッシュボードに上記のログを表示するウィジェットを追加しました(2015年8月19日)。

ログの確認は定期的に行ったほうがいいでしょう。なお現在のログ保存件数はそれぞれ最大100件となっています。保存件数の指定やダッシュボードでの表示、アラートメールの送信など拡張の余地はありますが、とりあえずはこんな感じになっています。

追記:バージョン2.3.0でログ保存件数の変更、ログのダウンロードが可能になりました。詳しくは『Login rebuilder 2.3.0の新機能を紹介』をご覧ください。


最終更新 : 2018年05月27日 10:45

お勧め

get_the_date(2018年5月27日 更新)

mixed get_the_date ( [ string $d = '' [ , mixed $post = null ] ] )
パラメータ$dで指定したフォーマットで投稿日を取得する。

is_php_version_compatible(2019年5月10日 更新)

bool is_php_version_compatible( string $required )
PHPバージョンの互換性を調べる。

in_category(2018年5月27日 更新)

bool in_category( mixed $category [ , mixed $post = null ] )
投稿情報が指定したカテゴリーに属しているか調べる。

get_category(2018年5月27日 更新)

mixed get_category( mixed $category [ , string $output = OBJECT [ , string $filter = 'raw' ] ] )
IDを指定してカテゴリー情報を取得する。

add_action(2018年5月27日 更新)

bool add_action( string $tag, mixed $function_to_add [ , int $priority = 10 [ , int $accepted_args = 1 ] ] )
WordPressシステムの関数にアクション関数を追加する。