この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

Emojin:プラグイン作ってみました

説明

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

基本的なアプローチは、UTF-8の4バイト文字が保存できないのだから、それを何かに置き換えてあげればいいというもの。問題は何に置き換えるのが適切なのかということで、いろいろ試した結果、対象の文字を「数値文字参照」に置き換えるのがよいという結果に至った。そんなわけで作ったプラグインが、この「Emojin」となる。

インストールおよび使用方法

1. Emojinのアーカイブファイルを解凍し、フォルダごと /wp-content/plugins/ の中に入れてください。
最新のEmojinのアーカイブファイルは、「wordpress.org(43KB)(wordpress.orgは申請中)」からダウンロードしてください。
2. 管理ページのプラグインページで「Emojin」を有効にしてください。
管理者権限のアカウントでログインし、サイドナビの「プラグイン」をクリック。一覧の中から「Emojin」の「有効化」をクリックしてください。
3. iPadから絵文字を入力して、保存してみた。
絵文字がきっちり保存された「Emojin」を有効にする前は「絵文字」以降がなくなった状態で保存されていたが、「Emojin」を有効にした後は「絵文字」を含めてその後の文章もきちんと保存できるようになっている。

よくある質問

Q. mbstringは必要ですか。
A. 本プラグインではmbstringを使用しておらず、必要ではありません。

更新履歴

  • 2014.08.23 Emojin 0.1.0をリリースしました。

最終更新 : 2015年03月21日 15:31

お勧め

the_title(2018年5月27日 更新)

string the_title( [ string $before = '' [ , string $after = '' [ , bool $echo = true ] ] ] )
投稿情報のタイトルをパラメータ$echoがtrueならば表示する。$echoがfalseの場合は表示せず、取得する。

wp_check_for_changed_dates(2018年5月27日 更新)

void wp_check_for_changed_dates( int $post_id, WP_Post $post, WP_Post $post_before )
更新された公開済みの投稿情報の公開日を保存する。

is_robots(2011年10月31日 更新)

bool is_robots( )
ロボットリクエストなのか調べる。

show_admin_bar(2012年1月5日 更新)

void show_admin_bar( bool $show )
ツールバー(admin bar)を強制的に表示/非表示する。

get_attached_file(2015年4月28日 更新)

string get_attached_file( int $attachment_id [ , bool $unfiltered = false ] )
添付ファイルのパス名を取得する。