この記事は最後に更新してから1年以上経過しています。

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました

説明

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

インストールおよび使用方法

対応環境はWordPress 3.1.0以降になります(最初のリリース時は現行の3.4でしか確認できなかったため、wordpress.orgではその時のreadme.txtが反映されて3.4.0以降になっているかもしれません)。
1. Post tag automatonアーカイブファイルを解凍し、フォルダごと /wp-content/plugins/ の中に入れてください。
最新のPost tag automatonアーカイブファイルは、「wordpress.org」か「こちら(87KB)」からダウンロードしてください。
2. 管理ページのプラグインページで「Post-tag automaton」を有効にしてください。
プラグイン一覧にある「Post-tag automaton」の「有効化」をクリック管理者権限のアカウントでログインし、サイドナビの「プラグイン」をクリック。一覧の中から「Post-tag automaton」の「有効化」をクリックしてください。
3. 「投稿」-「タグ」を開きます。
「新規タグを追加」フォームには「類義語」項目が追加される「タグ」ページの「新規タグを追加」フォームには「類義語」項目が追加されている(これは「タグを編集」ページも同様)。なお、複数の類義語を指定する場合はカンマ(,)で区切って指定してください。
4. 登録した「類義語」は一覧に表示されます。
登録した「類義語」は一覧に表示される新しい投稿タグや編集で追加した「類義語」は一覧に表示される。
5. すでに公開されている投稿について、投稿タグを更新します。
一覧下の「その中に含まれている投稿タグを追加します」をクリック公開済みの投稿記事は、投稿タグ一覧表の下に追加された「その中に含まれている投稿タグを追加します」をクリック。投稿記事数や投稿タグの状況によっては完了するまで少し時間がかかる。
6. 新しい投稿記事は「公開」ボタンをクリックするだけ。
「公開」ボタンをクリックすれば、投稿タグが自動的に追加される投稿記事の中に投稿タグ自身または類義語を入力し、「公開」ボタンをクリックするだけでいい。
7. 公開したら「タグ」ウィジェットを確認。
投稿記事に入力した「投稿タグ」が追加されていますか?「公開」ボタンをクリックしたら、「タグ」ウィジェットを確認。きっと、投稿記事に入力した「投稿タグ」が追加されているはず。

更新履歴

  • 2012.07.03 Post-tag automaton 1.0.0をリリースしました。

最終更新 : 2012年12月24日 10:17

お勧め

is_blog_admin(2011年6月23日 更新)

bool is_blog_admin( )
リクエストページがブログ管理者ページ(/wp-admin/内)か調べる。

post_class(2018年5月27日 更新)

void post_class( [ string $class = '' [ , int $post_id = null ] ] )
投稿情報の種別に応じたクラス属性(class="post-?? post ...")を表示する。具体的なクラス名は、投稿ID(post-番号)、投稿種別(postやpage)、カテゴリー(category-名前)、タグ(tag-名前)などがある。これらクラス名に合わせたCSSを準備することで、投稿ページのユニークなデザインが表現可能になる。

get_the_password_form(2014年3月3日 更新)

string get_the_password_form( [ mixed $post = 0 ] )
パスワード保護されている投稿のパスワード入力フォームを取得する。

get_template_directory_uri(2018年5月27日 更新)

string get_template_directory_uri( )
現在のテンプレートのパス名(URI)を取得する。

wp_get_single_post(2014年11月16日 更新)

mixed wp_get_single_post( [ int $post_id = 0 [ , string $mode = OBJECT ] ] )
投稿情報を取得する。取得する情報には、標準の投稿情報に区分けカテゴリーIDと投稿タグ名の配列が含まれる。