__

(2.1.0以降)
__ - 翻訳テキストを取得する

説明

string __( string $text [ , string $domain = 'default' ] )
現在のロケールに応じた翻訳テキストを取得する。

パラメータ

  • $text
    英文テキスト。
  • $domain
    ドメイン名を指定(省略時は'default')。

返り値

パラメータ$textについて現在のロケールに応じた翻訳テキストを返す。翻訳テキストが見つからなかった場合は$textをそのまま返す。

注意

パラメータ$domainを省略した場合、国際化用ファイルはwp-content/languages/[ロケール名].moとなる。 テーマやプラグインで独自の国際化用ファイル(MOファイル)を使用する場合は、パラメータ$domainを指定しなければならない。

使用例

  • 'Default'の翻訳テキストを取得する。
    <?php $text = __( 'Default' ); ?>
  • 自テーマの国際化用ファイル(ドメインが'mytheme'の場合)から'Numeric'の翻訳テキストを取得する。
    <?php $text = __( 'Numeric', 'mytheme' ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

最終更新日時 : 2016-01-14 14:35