_n

(2.8.0以降)
_n - 数値フォーマットの翻訳テキストを取得する

説明

string _n( string $single, string $plural, int $number [ , string $domain = 'default' ] )
数値フォーマットの翻訳テキストを取得する。

パラメータ

  • $single
    1の場合のパターンを指定。
  • $plural
    1以外の場合のパターンを指定。
  • $number
    数値を指定。
  • $domain
    ドメイン名を指定(省略時は'default')。

返り値

パラメータ$numberを評価し、1の場合は$singleの、1以外の場合は$pluralについて現在のロケールに応じた翻訳テキストを返す。

注意

英語環境などでは数値が1かそれ以外で表現が変わるので、この関数を使って表示パターンを切り替えて表示する。

使用例

  • 変数$ndaysを表示する。
    <?php printf( _n( '%n day', '%n days', $ndays ), $ndays ); ?>
  • 変数$ndaysを独自ドメイン'mytheme'の翻訳情報で表示する。
    <?php printf( _n( '%n day', '%n days', $ndays, 'mytheme' ), $ndays ); ?>

フィルター

数値フォーマットを返す直前に'ngettext'フィルターを呼び出す。パラメータ$translationには翻訳された数値フォーマットが、それ以外のパラメータには本関数が受け取った値が格納される。
return apply_filters( 'ngettext', $translation, $single, $plural, $number, $domain )

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/l10n.php

関連

お勧めコンテンツ

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

最終更新日時 : 2014-09-05 12:01