_x

(2.8.0以降)
_x - コンテキストに応じた翻訳テキストを取得する

説明

string _x( string $text , string $context [ , string $domain = 'default' ] )
現在のロケールとコンテキストに応じた翻訳テキストを取得する。

パラメータ

  • $text
    英文テキスト。
  • $context
    コンテキスト情報。
  • $domain
    ドメイン名を指定(省略時は'default')。

返り値

パラメータ$textについて現在のロケール、パラメータ$contextに応じたの翻訳テキストを返す。翻訳テキストが見つからなかった場合は$textをそのまま返す。

注意

通常の翻訳テキストは__関数で取得できるが、同じ単語であってもであっても目的や用途によって異なる翻訳テキストにしたいケースがある(例えば、'Add New'の翻訳テキストをリンクとユーザーで使い分けたい時)。そんな時に使用するのがコンテキストを指定した翻訳テキストである。
パラメータ$domainを省略した場合、国際化用ファイルはwp-content/languages/[ロケール名].moとなる。
テーマやプラグインで独自の国際化用ファイル(MOファイル)を使用する場合は、パラメータ$domainを指定しなければならない。

使用例

  • コンテキスト'user'で区別された'Add New'の翻訳テキストを取得する。
    <?php $text = _x( 'Add New', 'user' ); ?>
  • 自テーマの国際化用ファイル(ドメインが'mytheme'の場合)からコンテキスト'nav'で区別された'Video'の翻訳テキストを取得する。
    <?php $text = _x( 'Video', 'nav', 'mytheme' ); ?>

説明

string _x( string $text , string $context [ , string $domain = 'default' ] )
現在のロケールとコンテキストに応じた翻訳テキストを取得する。

パラメータ

  • $text
    英文テキスト。
  • $context
    コンテキスト情報。
  • $domain
    ドメイン名を指定(省略時は'default')。

返り値

パラメータ$textについて現在のロケール、パラメータ$contextに応じたの翻訳テキストを返す。翻訳テキストが見つからなかった場合は$textをそのまま返す。

注意

通常の翻訳テキストは__関数で取得できるが、同じ単語であってもであっても目的や用途によって異なる翻訳テキストにしたいケースがある(例えば、'Add New'の翻訳テキストをリンクとユーザーで使い分けたい時)。そんな時に使用するのがコンテキストを指定した翻訳テキストである。
パラメータ$domainを省略した場合、国際化用ファイルはwp-content/languages/[ロケール名].moとなる。
テーマやプラグインで独自の国際化用ファイル(MOファイル)を使用する場合は、パラメータ$domainを指定しなければならない。

使用例

  • コンテキスト'user'で区別された'Add New'の翻訳テキストを取得する。
    <?php $text = _x( 'Add New', 'user' ); ?>
  • 自テーマの国際化用ファイル(ドメインが'mytheme'の場合)からコンテキスト'nav'で区別された'Video'の翻訳テキストを取得する。
    <?php $text = _x( 'Video', 'nav', 'mytheme' ); ?>

関連

  • get_the_archive_title - アーカイブページのタイトルを表示する
  • _e - 翻訳テキストを表示する
  • __ - 翻訳テキストを取得する

お勧めコンテンツ

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

最終更新日時 : 2014-12-23 14:57