_x

説明

string _x( string $text , string $context [ , string $domain = 'default' ] )
現在のロケールとコンテキストに応じた翻訳テキストを取得する。

パラメータ

  • $text
    英文テキスト。
  • $context
    コンテキスト情報。
  • $domain
    ドメイン名を指定(省略時は'default')。

返り値

パラメータ$textについて現在のロケール、パラメータ$contextに応じたの翻訳テキストを返す。翻訳テキストが見つからなかった場合は$textをそのまま返す。

注意

通常の翻訳テキストは __関数で取得できるが、同じ単語であってもであっても目的や用途によって異なる翻訳テキストにしたいケースがある(例えば、'Add New'の翻訳テキストをリンクとユーザーで使い分けたい時)。そんな時に使用するのがコンテキストを指定した翻訳テキストである。
パラメータ$domainを省略した場合、国際化用ファイルはwp-content/languages/[ロケール名].moとなる。
テーマやプラグインで独自の国際化用ファイル(MOファイル)を使用する場合は、パラメータ$domainを指定しなければならない。

使用例

  • コンテキスト'user'で区別された'Add New'の翻訳テキストを取得する。
    <?php $text = _x( 'Add New', 'user' ); ?>
  • 自テーマの国際化用ファイル(ドメインが'mytheme'の場合)からコンテキスト'nav'で区別された'Video'の翻訳テキストを取得する。
    <?php $text = _x( 'Video', 'nav', 'mytheme' ); ?>

説明

string _x( string $text , string $context [ , string $domain = 'default' ] )
現在のロケールとコンテキストに応じた翻訳テキストを取得する。

パラメータ

  • $text
    英文テキスト。
  • $context
    コンテキスト情報。
  • $domain
    ドメイン名を指定(省略時は'default')。

返り値

パラメータ$textについて現在のロケール、パラメータ$contextに応じたの翻訳テキストを返す。翻訳テキストが見つからなかった場合は$textをそのまま返す。

注意

通常の翻訳テキストは __関数で取得できるが、同じ単語であってもであっても目的や用途によって異なる翻訳テキストにしたいケースがある(例えば、'Add New'の翻訳テキストをリンクとユーザーで使い分けたい時)。そんな時に使用するのがコンテキストを指定した翻訳テキストである。
パラメータ$domainを省略した場合、国際化用ファイルはwp-content/languages/[ロケール名].moとなる。
テーマやプラグインで独自の国際化用ファイル(MOファイル)を使用する場合は、パラメータ$domainを指定しなければならない。

使用例

  • コンテキスト'user'で区別された'Add New'の翻訳テキストを取得する。
    <?php $text = _x( 'Add New', 'user' ); ?>
  • 自テーマの国際化用ファイル(ドメインが'mytheme'の場合)からコンテキスト'nav'で区別された'Video'の翻訳テキストを取得する。
    <?php $text = _x( 'Video', 'nav', 'mytheme' ); ?>

最終更新 : 2014年12月23日 14:57



お勧め

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 更新)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

LevelとCapability(2018年5月27日 更新)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 更新)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 更新)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

WordPressのコーディングスタンダードとPSR-2がかみ合わない(2018年5月27日 更新)

先日パソコンのストレージを換装して開発環境を再構築。エディタのEclipseは「Neon(4.6)」から「Oxygen(4.7)」へ切り替わった。コードを書き始めるとそこはかとなく違和感があり、調べていくとPHPの「Code Style(Formatter)」が「PSR-2」に設定されていることが原因だった。