add_action

(1.2以降)
add_action - アクション関数を追加する

説明

bool add_action( string $tag, mixed $function_to_add [ , int $priority = 10 [ , int $accepted_args = 1 ] ] )
WordPressシステムの関数にアクション関数を追加する。

パラメータ

  • $tag
    WordPressシステムの関数名。
  • $function_to_add
    アクション関数名。メソッドを指定する場合は配列を使用する(注意を参照)。
  • $priority
    プライオリティ値(省略時は10)。
  • $accepted_args
    アクション関数のパラメータ数(省略時は1)。

返り値

trueを返す。

注意

add_filter関数のエイリアス。 クラスのメソッドを指定する場合は、オブジェクトのアドレスとメソッド名を要素にした配列を使用する。クラス内ならば、次のように記述する。
add_action( '関数名', array( $this, 'メソッド名' ) );
または
add_action( '関数名', array( &$this, 'メソッド名' ) );

使用例

  • ログインページの独自のcssを追加するアクション関数を追加する。
    <?php
    add_action( 'login_head', 'mylogin_head' );
    
    function mylogin_head( ) {
    ?>
    <link rel="stylesheet" type="text/css" href="/css/login.css" media="screen,print" />
    <?php
    }
    ?>
  • ログインページの独自のcssを追加するアクション関数を追加する(クラスの場合)。
    <?php
    class myclass {
        function myclass( ) {
            add_action( 'login_head', array( &$this, 'mylogin_head' ) );
        }
        function mylogin_head( ) {
    ?>
    <link rel="stylesheet" type="text/css" href="/css/login.css" media="screen,print" />
    <?php
        }
    }
    ?>

関連

  • add_filter - フィルター関数を追加する
  • add_meta_box - 投稿ページに独自のメタボックスを表示する
  • current_filter - 現在のフィルター(アクション)名を取得する
  • did_action - アクションが実行済みか調べる
  • do_action - アクションを実行する
  • has_action - WordPressタグにアクションが登録されているか調べる
  • remove_action - WordPressタグに登録されているアクションを削除する
  • show_admin_bar - ツールバー(admin bar)を強制的に表示/非表示する
  • wp_generator - XHTMLのgeneratorタグを表示する
  • wp_meta - wp_metaアクションを実行する

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

最終更新日時 : 2011-11-30 18:21