add_action

(1.2以降)
add_action - アクション関数を追加する

説明

bool add_action( string $tag, mixed $function_to_add [ , int $priority = 10 [ , int $accepted_args = 1 ] ] )
WordPressシステムの関数にアクション関数を追加する。

パラメータ

  • $tag
    WordPressシステムの関数名。
  • $function_to_add
    アクション関数名。メソッドを指定する場合は配列を使用する(注意を参照)。
  • $priority
    プライオリティ値(省略時は10)。
  • $accepted_args
    アクション関数のパラメータ数(省略時は1)。

返り値

trueを返す。

注意

add_filter関数のエイリアス。 クラスのメソッドを指定する場合は、オブジェクトのアドレスとメソッド名を要素にした配列を使用する。クラス内ならば、次のように記述する。
add_action( '関数名', array( $this, 'メソッド名' ) );
または
add_action( '関数名', array( &$this, 'メソッド名' ) );

使用例

  • ログインページの独自のcssを追加するアクション関数を追加する。
    <?php
    add_action( 'login_head', 'mylogin_head' );
    
    function mylogin_head( ) {
    ?>
    <link rel="stylesheet" type="text/css" href="/css/login.css" media="screen,print" />
    <?php
    }
    ?>
  • ログインページの独自のcssを追加するアクション関数を追加する(クラスの場合)。
    <?php
    class myclass {
        function myclass( ) {
            add_action( 'login_head', array( &$this, 'mylogin_head' ) );
        }
        function mylogin_head( ) {
    ?>
    <link rel="stylesheet" type="text/css" href="/css/login.css" media="screen,print" />
    <?php
        }
    }
    ?>

関連

  • add_filter - フィルター関数を追加する
  • add_meta_box - 投稿ページに独自のメタボックスを表示する
  • current_filter - 現在のフィルター(アクション)名を取得する
  • did_action - アクションが実行済みか調べる
  • do_action - アクションを実行する
  • has_action - WordPressタグにアクションが登録されているか調べる
  • remove_action - WordPressタグに登録されているアクションを削除する
  • show_admin_bar - ツールバー(admin bar)を強制的に表示/非表示する
  • wp_generator - XHTMLのgeneratorタグを表示する
  • wp_meta - wp_metaアクションを実行する

お勧めコンテンツ

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2017年6月19日 登録)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

最終更新日時 : 2011-11-30 18:21