add_editor_style

(3.0.0以降)
add_editor_style - テーマの特徴として独自のTinyMCEのcssファイル名を指定する

説明

void add_editor_style( [ mixed $stylesheet = 'editor-style.css' ] )
テーマの特徴として独自のTinyMCEのcssファイル名を指定する。

パラメータ

  • $stylesheet
    TinyMCEのcssファイル名またはその配列を指定(省略時は'editor-style.css')。

返り値

返り値はありません。

注意

add_theme_support関数にて'editor-style'を設定し、独自のTinyMCEのCSSファイル名を使用できるようにする。なお独自のcssファイルは、そのテーマディレクトリの直下に配置する決まりになっており、パラメータ$stylesheetが省略された場合は、editor-style.css(またはeditor-style-rtl.css)となる。

使用例

  • テーマの特徴として独自のTinyMCEのcssファイル名'editor-style.css'を指定する。
    <?php add_editor_style( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

検索ワード「-10,000円」を検索できるようにしたい(2017年7月20日 登録)

とあるサイトで「-10,000円」をキーワードに検索した際、予想と異なるページが表示され、ちょっと驚いた。今回はその原因調査と対策についてまとめてみた。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

WP_List_Tableクラスの「一括操作」フォームを使ってみた(2017年9月26日 登録)

今回は「WP_List_Tableクラスを使ってみた」の続き。投稿一覧やプラグインページなどにある「一括操作」(Bulkアクション)フォーム対応に関するメモである。

最終更新日時 : 2014-09-05 10:08