add_editor_style

(3.0.0以降)
add_editor_style - テーマの特徴として独自のTinyMCEのcssファイル名を指定する

説明

void add_editor_style( [ mixed $stylesheet = 'editor-style.css' ] )
テーマの特徴として独自のTinyMCEのcssファイル名を指定する。

パラメータ

  • $stylesheet
    TinyMCEのcssファイル名またはその配列を指定(省略時は'editor-style.css')。

返り値

返り値はありません。

注意

add_theme_support関数にて'editor-style'を設定し、独自のTinyMCEのCSSファイル名を使用できるようにする。なお独自のcssファイルは、そのテーマディレクトリの直下に配置する決まりになっており、パラメータ$stylesheetが省略された場合は、editor-style.css(またはeditor-style-rtl.css)となる。

使用例

  • テーマの特徴として独自のTinyMCEのcssファイル名'editor-style.css'を指定する。
    <?php add_editor_style( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

最終更新日時 : 2014-09-05 10:08