add_editor_style

(3.0.0以降)
add_editor_style - テーマの特徴として独自のTinyMCEのcssファイル名を指定する

説明

void add_editor_style( [ mixed $stylesheet = 'editor-style.css' ] )
テーマの特徴として独自のTinyMCEのcssファイル名を指定する。

パラメータ

  • $stylesheet
    TinyMCEのcssファイル名またはその配列を指定(省略時は'editor-style.css')。

返り値

返り値はありません。

注意

add_theme_support関数にて'editor-style'を設定し、独自のTinyMCEのCSSファイル名を使用できるようにする。なお独自のcssファイルは、そのテーマディレクトリの直下に配置する決まりになっており、パラメータ$stylesheetが省略された場合は、editor-style.css(またはeditor-style-rtl.css)となる。

使用例

  • テーマの特徴として独自のTinyMCEのcssファイル名'editor-style.css'を指定する。
    <?php add_editor_style( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

最終更新日時 : 2014-09-05 10:08