add_editor_style

(3.0.0以降)
add_editor_style - テーマの特徴として独自のTinyMCEのcssファイル名を指定する

説明

void add_editor_style( [ mixed $stylesheet = 'editor-style.css' ] )
テーマの特徴として独自のTinyMCEのcssファイル名を指定する。

パラメータ

  • $stylesheet
    TinyMCEのcssファイル名またはその配列を指定(省略時は'editor-style.css')。

返り値

返り値はありません。

注意

add_theme_support関数にて'editor-style'を設定し、独自のTinyMCEのCSSファイル名を使用できるようにする。なお独自のcssファイルは、そのテーマディレクトリの直下に配置する決まりになっており、パラメータ$stylesheetが省略された場合は、editor-style.css(またはeditor-style-rtl.css)となる。

使用例

  • テーマの特徴として独自のTinyMCEのcssファイル名'editor-style.css'を指定する。
    <?php add_editor_style( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

検索ワード「-10,000円」を検索できるようにしたい(2017年7月20日 登録)

とあるサイトで「-10,000円」をキーワードに検索した際、予想と異なるページが表示され、ちょっと驚いた。今回はその原因調査と対策についてまとめてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

最終更新日時 : 2014-09-05 10:08